ここから本文です

日本の戦国の世を描いた「SEKIRO」で生き残るには、真っ向から戦い抜くほかない

8/4(日) 14:13配信

WIRED.jp

戦が始まるときには、常に緊張感が漂う。神経を研ぎ澄まして前後に間合いをとりながら、敵の周囲を用心深く動く。アクションアドヴェンチャーゲーム「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」では、プレイヤーは主人公「狼」となるのだ。刀を振りかぶると、敵もまたおのれの武器を振り上げる。刀だけでなく、こん棒やほかにも見慣れない武器が出てくる。

【動画】SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

誰かひとりが火蓋を切れば辺りは戦場と化し、刀と刀が荒々しくぶつかり合って火花を散らす。どちらかが譲るか手元が狂うまで、守りかわしながら攻め続けていく。しくじるのはたいてい操作する側の責任だが、狼はそう簡単には引き下がらない。戦闘力では敵より劣っていることが多くても、誰より不退転の決意で戦いに臨んでいる。意外に思うだろうが、それが重要なのだ。

SEKIROは戦いのドラマを描いたゲームだ。一瞬の隙も見せない手強い敵将たちとの戦いに明け暮れ、その合間に武士の軍団や怪物、悲劇的な運命を背負った敵と死闘を繰り広げることになる。

敵を倒すには、不屈の精神でまっしぐらに突き進んでいくことが必要だ。激しい大合戦では、身を潜めたり攻撃をかわしたりしても状況を打開できない。小手先の技も通用しないのである。

勝利を収めるには、情け容赦なく決め手となる攻撃を繰り出すしかない。このゲームの舞台として描かれた戦国時代の日本においては、戦うことこそが唯一、前に進む方法なのだ。

プレイヤーに攻撃を促すために

ゲーム制作会社のフロム・ソフトウェアは、ほとんどの作品で敵を避けることをよしとし、攻撃を一撃たりとも受けてはならないようなゲームをこれまで手がけてきた。しかしSEKIROでは、これとは異なる方向に舵を切っている。

最初に断っておくと、このゲームはアクションRPGである「DARK SOULS」のようなゲームとは一線を画している。とはいえ、フロム・ソフトウェアが初期に手がけたアクションゲームの名残は確かに感じられる。同時に、過去の作品を通して学んだプレイヤーの傾向を生かして、これまで以上に隅々まで手入れの行き届いた難易度の高いゲームをつくり出そうとしたことも伝わってきた。

簡単に説明しよう。DARK SOULSや「Bloodborne」で戦う際には、ほとんどのプレイヤーが相手に隙ができるのを待って攻撃するなど、できるだけ安全な立ち回りを心がける。難易度が高くなるほどプレイヤーは慎重になるものだ。

こうした設計上の問題にSEKIROはひとつの解決策を示した。できる限り高い難易度を保ちながらも、プレイヤーにリスクを負わせて積極的な行動をとらせるにはどうしたらいいか──。言うまでもなく、そうせざるを得ない状況をつくるのだ。

1/3ページ

最終更新:8/4(日) 14:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事