ここから本文です

上から目線&侮辱的な発言を繰り返す男性上司「無自覚パワハラ」を訴えることは可能?

8/4(日) 19:01配信

Suits-woman.jp

弁護士・柳原桑子先生が、堅実女子の相談に応える連載です。今回の相談者は上田陽菜さん(仮名・29歳・流通関連会社勤務)。

「去年、東京から地元にUターンしました。大学進学から上京して約10年、東京では仕事も遊びも楽しかったのですが、通勤の満員電車がホントに苦痛でした。

地元に戻ってからは、地域でいちばんの企業に就職し、やりがいがある仕事ができています。ただ問題なのは、50代の上司がいつも上から目線というか、高圧的な物言いをすることです。東京で勤務していた会社では、女性が多かったこともあり、男女や上下の差別感覚を感じたことはありませんでした。

しかし地方は、20代の女性は”ただの女のコ”とみなす40~60代の男性が圧倒的多数だと感じました。その上司は、私の苗字を呼び捨てにしたり、”お前”呼ばわりしてくるのが不快です。

しかし、上司には悪気があるわけではないから、やっかいともいえます。

ほかにも前の会社とは違って驚いたのは、その上司が、みんなの前で人の失敗を叱責すること。大声を出したりすると、職場の雰囲気は悪くなるばかり。

業績UPに貢献している上司だから、人事は見て見ぬふり……。『お前たちに金が作れないから、俺が引き上げてやっている』など、モラハラ的発言も多い。この場合、どのようにして問題解決をすればいいのでしょうか。また、20代の男性社員に『草食君』などというのも不快だと感じました。パワハラで訴えることなどできるのでしょうか?」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

質問文を拝読すると、モラハラなどがからむこの問題は、お互いの考え方やとらえ方による問題なので、一般的にはまず人事部や総務部に相談をしてみるといいと思います。そのうえで解決が見られないようでしたら、労働問題を扱う弁護士に相談することも選択肢に入れてください。

この件の問題は、「相手に悪意がない」ことにもあると感じました。上司側は何とも思っていなくても、受けた側にダメージあり、多くの人が悩んでいるという事実を、どう伝えるか。

この場合も、その上司が部下であるあなたたちに対してとった言動、できごとを記録しておくことをおすすめします。誰に相談するにせよ、記憶を頼りにしていたのでは、いざというときの説明が不十分になります。

あなたの会社の場合、人事は見て見ぬふりと言っているので頼りにならなそうなので、社内に人事以外の外部通報相談窓口があればそこへ相談するとか、別の上司や当該上司の上司に相談して、どのように対応してほしいか、会社に伝えることが大切です。


人事が頼りにならないなら、第三者的な立場の外部の専門家に相談することが、解決の近道かもしれません。


(教えてくれた人/柳原桑子さん)
第二東京弁護士会所属 柳原法律事務所代表。弁護士。東京都生まれ、明治大学法学部卒業。「思い切って相談してよかった」とトラブルに悩む人の多くから信頼を得ている。離婚問題、相続問題などを手がける。『スッキリ解決 後悔しない 離婚手続がよくわかる本』(池田書店)など著書多数。

最終更新:8/4(日) 19:01
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事