ここから本文です

ライドロンドン・サリークラシック2019でヴィヴィアーニが初優勝

8/5(月) 20:37配信

CYCLE SPORTS.jp

アシストのモルコフが3位

2019年8月4日に英国で開催された第8回プルデンシャル・ライドロンドン・サリークラシック(UCIワールドツアー)は、イタリアのエリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が、集団ゴールスプリントを制して初優勝した。

2位はアイルランドチャンピオンのサム・ベネット(ボーラ・ハンスグーエ)、3位にはヴィヴィアーニの発射台を務めたデンマークチャンピオンのミケル・モルコフ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が入った。

■初優勝したヴィヴィアーニのコメント
「2012年のオリンピック以来、ずっとロンドンでのレースを愛していた。今日は調子が良いとわかっていて、ツール・ド・フランスの後で脚も強かったから、本当にモチベーションが高かった。ゴールはまたカオスだったが、モルコフが側にいてくれた。彼は器用でボクが差を付けるのを助けてくれた。これは競技キャリアで勝利を本当に望んでいた5つのワンデーレースの1つで、今、それを手中に収められて本当に素晴らしい」

第8回プルデンシャル・ライドロンドン・サリークラシック結果
[8月4日/UCIワールドツアー/英国/169km]
1. ELIA VIVIANI (DECEUNINCK - QUICK - STEP / ITA) 3:46:15
2. SAM BENNETT (BORA - HANSGROHE / IRL)
3. MICHAEL MORKOV (DECEUNINCK - QUICK - STEP / DEN)
4. JASPER STUYVEN (TREK - SEGAFREDO / BEL)
5. AMUND JANSEN (TEAM SUNWEB / NOR)
6. GIACOMO NIZZOLO (TEAM DIMENSION DATA / ITA)
7. ALEXANDER KRISTOFF (UAE TEAM EMIRATES / NOR)
8. OLIVER NAESEN (AG2R LA MONDIALE /BEL)
9. JASPER DE BUYST (LOTTO SOUDAL / BEL)
10. ETHAN HAYTER (GREAT BRITAIN CYCLING TEAM / GBR)

最終更新:8/5(月) 20:37
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事