ここから本文です

水野美紀、早くも続編に意欲?「もしご要望があれば…」<奪い愛、夏>

8/5(月) 16:01配信

ザテレビジョン

8月8日(木)夜11時スタート、水野美紀主演ドラマ「奪い愛、夏」(AbemaSPECIAL)の取材会が行われ、水野の他、出演する小池徹平、松本まりか、小手伸也、田中みな実、さらに脚本の鈴木おさむらが出席した。

【写真を見る】個性的なファッションにも注目が集まった水野美紀

水野が社長を務めるマッチングアプリ会社「ラブネクスト」の広報部フロアのセットにて行われた今回の取材会。

花園桜役の水野は、台本を読んだ感想について「桜は1話からトップギアで進みますが、後半はまた違う展開があり、4話までとまた別の顔を見せます。一粒で二度おいしいような役です」と回答。

桐山椿役の小池は「椿はかわいそうな人間。純粋で真っすぐな好青年が桜さんと出会うことで、人生の歯車がおかしくなってしまう。後半の変わっていくさまはいい意味でかなり変化しています」と続けた。

空野杏役の松本は「杏は、皆さんの覚醒を一心に受けるかわいそうな役。杏は、爆弾を持っている実は一番恐ろしい女で、物語の大きな核となる、なかなか想像できない役です。最後の最後まで杏を見て、楽しんでほしいです」と話した。

土筆肇役の小手は「土筆は桜様のご褒美が欲しいがために翻弄(ほんろう)する、Yesマン。ご褒美はSMで、そのためにご奉仕する。メーン3人の狂愛ドラマですが、一番切ない恋愛をしているのは僕かな?という見方もあるのでぜひ別の見方でも楽しんでほしいです」と個性的な役どころを紹介した。

井川瞳役の田中は「井川は、杏の親友なのですが、実は空気を読まない友情の押しつけで彼女自身も自分に引いている部分もある。後半になるにつれて何を考えているか分からなくなり、桜さんに食い込まれていきます」と説明。

また、「撮影してみてお互いに印象的なシーンなどありましたか?」と聞かれた水野は、「1億円で椿に迫るシーンは、今までは1人で暴れていたのですが、今回は土筆と2対1の構図になっていて、どんどんやりこめてテンションが上がっていきました。

比例して、椿がみるみる疲弊していくんです(笑)。演技しだすと、思いついたことを演技してしまいます。全員をびびらせたい!と思っています」と告白。

小池は「本番中は、水野さんも、小手さんもアドリブで自由に演技されているので常にアンテナを張り巡らせています」と現場の様子を伝えた。

松本は「水野さんの覚醒された演技に、本番中にもはや笑ってしまい、こらえらないこともありました。アドリブの多さに、恐れおののいています」と苦笑していた。

「どんな三角関係を見ることができますか?」と質問された脚本担当の鈴木は、「人は絶対おかしい部分があって、桜は1話から120%飛ばしていますが、それ以外の人もどんどんおかしくなっていき、まともな人が誰もいない状態になります。

ただその壊れ方は、自分の愛を守りたいという、愛が故の激しい壊れ方になっていて、そこに注目してほしいです。

ラブホラーを4話に詰め込み、残りの4話は別で花開く展開。激しいラブホラーに、怖いと思ったり、行動に笑ったり、共感したり。あと、ラブシーンはなかなかすごいのでぜひ見てほしいです。

三角関係以外も、井川もどんどんおかしくなっていく。田中みな実がここまでやるか!と思いました」と大きくアピールした。

「奪い愛シリーズですが、夏の次に秋・春と続編があるとするとどうされますか?」と聞かれた水野は、「今回で、すべて出し切る気ではいますが…もしご要望があれば、コンプリート頑張ります!」と宣言。

最後に、番組インスタグラムアカウントに関しても質問が寄せられ、水野は「ドラマが始まる前にすでに動いていて、私が監視カメラに映った様子などを投稿しています。

ドラマとリンクした内容をほうふつとさせる投稿ばかりで、私も、もうちょこちょこ暴れ始めているので、これを見るといろんな角度から深くドラマを楽しめると思います」とコメント、松本も「めちゃくちゃ面白いです」と絶賛していた。(ザテレビジョン)

最終更新:8/5(月) 16:01
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事