ここから本文です

河村市長の公約「天守閣の木造復元」が大ピンチで首も吹っ飛びかねない?「名古屋城戦争」の内幕

8/5(月) 6:20配信

週プレNEWS

「2022年末までに名古屋城天守閣をオリジナルに忠実な木造で復元させる!」

そんな公約を掲げる河村たかし名古屋市長だが、先行きに暗雲が立ち込めている。国から許可を得られず予定は遅れまくり。ついに22年完成は困難な情勢になってしまった。

【画像】劣化が進んでいる名古屋城の石垣

なぜそんなことに? そこには城の「石垣」をめぐる、市と有識者団体の対立があった!

* * *

■「石垣部会」の大反対
名古屋市の河村たかし市長が進める名古屋城天守閣の木造復元プラン。戦時中に焼失し、その後、鉄筋コンクリートで復元された今の天守閣を、オリジナルに近い状態で復活させようという計画だが、「江戸期の姿に史実に再現すべき」としてエレベーター設置を拒否する市長と、設置を求める障害者団体が抜き差しならないバトルを繰り広げていることは、7月11日配信の記事「名古屋・河村市長が安倍首相の『大阪城にエレベーターを設置したのは大きなミス』発言を全力擁護するワケ」でお伝えした。

だが、名古屋城をめぐるいざこざはこれだけではない。現地では木造復元を進めたい河村市長に文化庁がつれない反応を示したり、冷戦状態にある愛知県知事が河村批判を強めたりするなど、剣呑(けんのん)な雲行きになっているようなのだ。

市長と文化庁の"すれ違い"が明らかになったのは6月21日のこと。名古屋市が提出していた現天守閣(コンクリート製)の解体申請が文化庁の文化審議会から「継続審議」とされ、許可が下りなかったのだ。

天守閣の木造復元を2022年末までに完成させることは2017年に4選を果たした河村市長にとって最も重要な公約。しかし、文化庁にストップをかけられたことにより、スケジュールの見直しを迫られることになってしまった。

解体に強く異を唱えたのは名古屋市の「名古屋城石垣部会」だ。この部会は、形式上は名古屋市に所属する形になっているが、実際には文化庁の肝煎(きもい)りで設けられた組織で、オブザーバーには文化庁職員も名を連ねる。同部会の委員のひとり、千田嘉博(せんだ・よしひろ)奈良大教授がこう説明する。



「文化財である城の現状を変更するには文化庁の許可が必要です。その際に歴史的価値のある石垣をどう保全するか検討する専門委員会をつくり、史跡整備を進めなさいというのが文化庁の方針です。つまり、この部会は文化庁の考えに基づいて名古屋城の石垣の調査と保全を具体的に考える組織で、熊本城、金沢城、弘前城なども同様の専門委員会を設置しています」

1/4ページ

最終更新:8/5(月) 6:20
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.39-40
9月14日(土)発売

特別価格500円

原発は津波の前に壊れていた/急増確実!「
店外食い」の作法/堂本光一、13年ぶりの
ホンダF1優勝記念対談【グラビア】安達祐
実/小池美波/高崎かなみ/伊藤美来 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事