ここから本文です

SFアドヴェンチャー「Observation」は、“自己修復”のプロセスを通じて恐怖心をえぐり出す

8/6(火) 19:11配信

WIRED.jp

PCとPS4用のSFアドヴェンチャーゲーム「Observation」では、“自分自身を修復”しなければならない。ここでいう「自分」とは人工知能(AI)を指しており、低軌道上を漂う宇宙ステーションがその「体」に当たる。このゲームの幕開けには、普通とはちょっと違った感覚を覚えるだろう。

【動画】恐怖心がえぐり出されていく「Observation」

宇宙ステーション「Observation」に搭載されたAIである主人公「S.A.M.(サム)」が再起動されるところから、物語は始まる。ステーション内ではある不可解な事件が突然起こったようだが、プレイヤーたるAIはそれを覚えていないのだ。

科学者であるエマ・フィッシャーひとりを除いて、乗組員全員が行方不明になっている。ステーションの大部分はロックされ、電源はバックアップ用のぶんしか残っていない。さらにまずいことに、現在位置は当初予定していた目的地とは違う。地球ではなく、土星の軌道上にいるのだ。この事態を解決できるかどうかは、S.A.M.とフィッシャーにかかっている。

ゲームそのものの内容は少しシュールなスペースホラーで、映画『アポロ13』と『イベント・ホライゾン』を組み合わせたようだ。ステーションの描写は現代の宇宙工学技術に着想を得たリアリティ溢れる仕上がりで、こだわりが感じられた。S.A.M.が操るさまざまなカメラやユーザーインターフェースを通して映し出されるヴィジュアルデザインは、国際宇宙ステーション(ISS)を彷彿とさせるほどだ。

身の毛もよだつ迷宮と化したこの場所をプレイヤーはくまなく探索し、閉ざされたドアを開けていかなければならない。さらに言えば、そのドアの向こうには見たくもないものがあるかもしれないのだ──。

異彩を放つAIの存在

これだけでもホラーゲームとしては十分に魅力的である。しかし、Observationで本当に注目すべきなのはS.A.M.の存在だろう。AIとしての存在そのもの、そしてその世界とのかかわり方がこのゲームを特徴づけている。

AIはSF作品では悪者にされがちだ。とりわけテクノロジーによる支配や狂気に満ちた世界を描いたもの、神にまつわる寓話ではこうした傾向が強い。しかし、こうした舞台設定もAIとしてゲームを進めるプレイヤーの目には、退屈で気が滅入るようなものに映るだろう。なぜなら、AIは人間を悩ませる仕事(単純作業や複雑で面倒な機械の操作など)をやり遂げるための存在だからだ。

S.A.M.が遂行するタスクの大半をこうした退屈な作業が占めている。入手するよう命じられた特別なデータを探してエンジンを動かし、ドアを開け、複数のカメラを操作していく。たいていはS.A.M.の内部ネットワークを検索し、ステーション内にある目的の装置に再接続すればいい。

お目当ての場所に向かって指示された任務を遂行するには、出力システムやノートパソコンを復旧したり、ドアロックの制御機能を修復したりすることが必要になる。こうした作業に当たるときはセキュリティカメラか、ゲーム序盤で操作できるようになるドローンを通じた映像に切り替わる。

1/2ページ

最終更新:8/6(火) 19:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事