ここから本文です

V6、嵐、NEWS…ジャニーズWEST就任を機に振り返る、歴代バレーボールスペシャルサポーター

8/6(火) 10:06配信

リアルサウンド

 7月25日に放送された『VS嵐』内で、ジャニーズWESTが『FIVBワールドカップバレーボール2019』(ともにフジテレビ系)のスペシャルサポーターに就任したことが発表された。ジャニーズのグループでは、これまでV6、嵐、NEWS、Hey! Say! JUMP、Sexy Zoneが同スペシャルサポーターを務めている。これまで彼らがどんな活動をしてきたのかを振り返ってみたい。

■V6
 バレーボールワールドカップのジャニーズスペシャルサポーターの始まりはV6だ。そもそも、V6はワールドカップのイメージキャラクターとして誕生したグループである。2019年3月20日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)では、メンバーの井ノ原快彦からこんな話があった。森田剛と三宅健はすでにメンバーとして決定済み。バレーボールの練習のために集められたジャニーズJr.の中で、坂本昌行、長野博、井ノ原と一緒に真面目にバレーボールの練習をしていた岡田准一がジャニー喜多川氏に選ばれて結成に至ったのだという。もちろん、デビュー曲の「MUSIC FOR THE PEOPLE」はワールドカップのイメージソングとなり、その後も「MADE IN JAPAN」が第27回春の高校バレー、「BEAT YOUR HEART」がアトランタオリンピック女子バレー最終予選のイメージソングに選ばれている。さらに、アトランタオリンピック世界最終予選時には、V6メンバー全員が主演を務めるバレー部を舞台にしたテレビドラマ『Vの炎』(フジテレビ系)も放送。徐々にバレーボールに関する活動は後輩に受け継がれていったが、今でも時折身体能力の高さを知らしめるパフォーマンスを見せてくれることがある。V6とスポーツが、不可分の関係になっている証拠である。

■嵐
 嵐も結成のきっかけにバレーボールがある。以前『TOKIOカケル』でメンバーの松本潤が「リハーサル前に中学生50人くらいでバレーボールをやって、ニノ(二宮和也)とずっとラリーを続けてた。そこにジャニーさんがいて、『YOUたちめちゃめちゃうまいじゃん。1999年にワールドカップバレーのイメージキャラクターをまたやるから、YOUたちやればいいじゃん』と言われた」と語ったことがある。(https://news.line.me/issue/oa-newspostseven/e9d3b4b0b065)そんなきっかけを経て、1999年にデビュー。デビュー曲「A・RA・SHI」はバレーボールワールドカップのイメージソングとなった。そして、V6に続きバレーボール部を舞台にしたテレビドラマ『Vの嵐』(フジテレビ系)も放送。さらに、『嵐のV1』(フジテレビ系)の中でバレーボール経験者のV6・坂本とともに実際にバレーボール対決をしたこともある。相手はワールドカップ出場国の応援者たち。苦戦を続けていたが、持ち前の運動神経と運で対イタリア戦で勝利を収めていた。諦めずに戦い抜くこうした地道な努力が、今の嵐の姿につながっているのかもしれない。

1/2ページ

最終更新:8/7(水) 1:07
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事