ここから本文です

須崎ご静養で日焼けされた“大人ワンピ”の愛子さま 高校最後の夏休み

8/6(火) 5:30配信

文春オンライン

 天皇ご一家は、8月1日から須崎御用邸(静岡県下田市)で静養に入られ、昨日帰京された。

【写真】雅子さまの足元は「モカシン」、愛子さまは「サンダル」

 昨年は皇太子ご一家として最後の夏のご静養を前に、愛子さまが「海で泳ぐのが楽しみです」と笑顔で話されていた。夏のご静養中に、須崎御用邸と那須御用邸(栃木県那須町)の両方で取材機会が設けられたことは大きな変化だった。報道陣を前に、ご一家は須崎御用邸に隣接した三井浜を散策された。

 プライベートに近いようなご様子が公開され、とりわけ雅子さまは終始笑顔だった。雅子さまは、ネイビーのカーディガンにホワイトのモカシンをお召しになり、愛子さまは水色の襟付きワンピースで、素足に白いサンダルを合わせられていた。

雅子さまが運転する車で到着された天皇と愛子さま

 2002年8月、当時の天皇皇后と皇太子ご夫妻、愛子さま、秋篠宮ご夫妻、眞子さま、佳子さまがそろって三井浜を散策されたことがある。雅子さまが長期療養に入られる前のことだ。御用邸から浜辺には、雅子さまが運転する車で皇太子と愛子さまが到着されたという。

 ご成婚前は、雅子さまが外務省に車で通勤する姿が話題となり、雅子さまの愛車はトヨタ・カローラ2と報道された。ご静養中、雅子さまは近年も車を運転されることがあったようだ。

愛子さまにとっては高校生活最後の夏休み

 皇太子時代のご一家は目の前に広がるプライベートビーチ状態の海でシュノーケリングを楽しまれていたという。愛子さまのご友人が合流して、一緒にサイクリングなどをなさっていたこともあったようだ。

 愛子さまにとっては高校生活最後の夏休み。帰京された8月5日、白いサンダルにダーク系のロングワンピースをお召しになって、すっかり大人びた雰囲気だった。だが、東京駅で出迎えた人々から声をかけられると、健康的に日焼けをされた愛子さまはにっこりと笑顔を見せられた。

「文春オンライン」編集部

最終更新:8/6(火) 12:45
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事