ここから本文です

キスマイ藤ヶ谷にそっくりな弟が登場!鶴瓶も「本人ちゃうん!?」と驚き<A-Studio>

8/6(火) 17:39配信

ザテレビジョン

8月9日(金)放送の「A-Studio」(毎週金曜夜11:00-11:30、TBS系)に、藤ヶ谷太輔が登場。

【写真を見る】美男子ポーズを取る藤ヶ谷太輔と千賀健永

藤ヶ谷は1998年、小学5年生でジャニーズ事務所に入所。ジャニーズ Jr.としての活動を開始するも、Kis-My-Ft2を結成したのは2005年。また、念願のメジャーCDデビューは、6年後の2011年という今の活躍からは想像もつかない苦節13年の道のりを歩んでいた。

そんな藤ヶ谷だが現在は、Kis-My-Ft2としてだけでなく、ソロとしてもドラマや舞台などに多数出演。ミュージカル「ドン・ジュアン」では主演に起用され、17曲もの歌唱に加えフェンシングやフラメンコにも挑戦する。同舞台は、8月30日(金)から9月18日(水)まで、TBS赤坂ACTシアターにて、その後10月1日(火)から5日(土)まで、刈谷市総合文化センター アイリス 大ホールにて上演される。

番組では、笑福亭鶴瓶と上白石萌歌が、藤ヶ谷の苦悩とその後の活躍を1番近くで見守ってきた両親、2人の弟に極秘取材を行った。

ジャニーズのデビュー話では「姉が履歴書を…」「同級生が勝手に履歴書を…」という話をよく耳にするが、藤ヶ谷の場合は30歳になるまで、その真相を知らなかったと明かした。

取材を進めていくと、家族さえも知らない間に伯母がジャニーズ事務所へ履歴書を送っていたということが判明。今回は、藤ヶ谷が30歳になってからその事実を初告白したという伯母の思いも明らかに。

また、デビュー後、すぐに東京ドームコンサートを成功させた Kis-My-Ft2。コンサートを観た厳格な父からの言葉に、藤ヶ谷も思わず涙が溢れたというエピソードや、実は、ジャニーズ事務所のオーディションに一度は落ちていたという藤ヶ谷が、一転合格になった出来事を語った。

さらに、藤ヶ谷が中居正広にも紹介したという弟も登場。鶴瓶が「本人ちゃうん!?」と驚くほどそっくりな弟が、藤ヶ谷との思い出を振り返った。

さらに、藤ヶ谷といつも一緒にいるという大学時代からの親友たちにも極秘取材を行う。 クールなイメージのある藤ヶ谷だが、実は天然なのではないか、というプライベート旅行時の知られざる姿を親友が公開。

「クールで言葉数の少ないイメージだったけど、こんなに話もおもしろく、惹き込まれるやつなんだ!」と鶴瓶も絶賛するエピソードが盛りだくさん。

また、プライベートでもよく遊ぶという、Kis-My-Ft2のメンバー・横尾渉からは、苦楽を共にしてきた仲間だからこそ知る、藤ヶ谷のメンバー思いな素顔が明かされる。藤ヶ谷は、「(今回の『A-Studio』の)収録前ギリギリまでメンバーと一緒にいたけど、全然気が付かなかった!」と驚きを見せた。

ほか、デビュー直後のバラエティ番組出演で緊張していた Kis-My-Ft2 に、中居が伝授したという秘策や「滝沢歌舞伎」開演直前にジャニー喜多川氏から発せられたムチャぶり、舞台での驚きの演出や言われてうれしかったという一言を語る。

実は、今回の「A-Studio」の収録が行われたのは、ジャニー喜多川氏の訃報の翌々日。藤ヶ谷が、“人生を変えてくれたジャニーさん”への思いも明かす。

(ザテレビジョン)

最終更新:8/6(火) 17:39
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事