ここから本文です

ネイマールとパリSGの“離縁”にいよいよ現実味が…【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

8/7(水) 2:14配信 有料

SOCCER DIGEST Web

クラブによる“断絶戦略”がくっきりとした輪郭を

2億2200万ユーロというサッカー史上最高額でパリSGがネイマールを獲得したのは、たったの2年前。それが今では、アル・ケライフィ会長(左)も我がまま放題のブラジル人に愛想を尽かし、“厄介払い”を示唆している。(C) Getty Images

 スター気取りの振る舞いなどもう真っ平。会長がそう言えば、クラブ史上最高額の移籍金で入団したアタッカーは“挑発の大技”を繰り広げる。パリSGとネイマールの“離縁”がいよいよ現実味を帯びてきたのだろうか。(文:フランソワ・ヴェルドネ/訳:結城麻里 2019年8月1日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック フランス』を転載)

―――◆―――◆―――

 7月分の報酬から差し引かれる額は、100万ユーロ(約1億2500万円)以上に上る。バカンスから戻るのが1週間遅れたネイマールへの処分である。

 衰退傾向にあるこのスタープレーヤーに対し、パリ・サンジェルマンは対応のギアを一気に上げている。100万ユーロの内訳は、プレシーズンの合流に遅れた日数分の給与と、いわゆる〝道義手当〞だ。ネイマールが道義に適った立派な態度を取り続け、良好なイメージを保った場合に、月額3 本文:5,143文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:8/7(水) 2:14
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

もっと見る