ここから本文です

学歴・年収格差広がる!? 「電通」「Google」じゃないとモテない LGBTの聖地となった「新宿二丁目」の今 伏見憲明×中村うさぎ×エスムラルダ公開鼎談(3)

8/7(水) 6:00配信

Book Bang

作家・伏見憲明氏(新宿二丁目でゲイバー「A Day In The Life 」を経営)の『新宿二丁目』刊行記念として、作家の中村うさぎ氏、ディーバユニット「八方不美人」のエスムラルダ氏による豪華鼎談の第三弾をお届けする。今やLGBTの聖地となった「二丁目」は、どんな人々が集まっているのか。この街を知り尽くした三人だからこそ語れる「新宿二丁目」の今昔。

女が二丁目に来る時

伏見憲明(以下、伏見) うさぎさんは、そもそもなんで二丁目に来始めたの? 

中村うさぎ(以下、中村) 最初はね、麻布に住んでた頃で、あの頃はシャネルとかを並行輸入してるセレクトショップを、それこそ回遊魚のように毎日チェックしてたの。そこで知り合った暇なマダムに、夜はどこで遊んでるの? って訊かれて、当時は六本木のゲイバー、観光客向けで高い店だったんだけど、そういうとこで遊んでるって話したら「あんた、そんなとこでムダな高い金使ってんじゃないわよ! 二丁目行くわよ!」って連れてこられたのが最初。今はもうないんだけど、ルミエールの向かいにある路地の店に初めて行って、そこで今の夫と出会ったの。

伏見 最初の店で。

中村 そう。そこが楽しかったんで、そこからは毎晩、ローラー作戦って言って、何軒もはしごして、わーっと行って、飲んで、サヨナラーって去るのを繰り返して。道端に停めてある自転車、蹴っ飛ばして、警察に怒られたりね。

伏見 たちが悪い(笑)。当時の二丁目は、六本木と比べてどうでした? 

中村 暗くて汚くてお歯黒どぶに来たって感じでした(笑)。その頃の六本木のキラキラした雰囲気から比べるとね。

伏見 歌舞伎町のホストクラブに行ってたのは? 

中村 二丁目で1~2年遊ぶうちに、飽きたり、出入り禁止になったりして(笑)。河岸変えようってことで、歌舞伎町に行ってホストクラブに行き出したので、二丁目よりも後ですね。

伏見 ゲイの友達はいました? 

中村 初めて二丁目に来た時はまだいなかった。今思えば、麻布のセレクトショップの店員に、女物のシャネルのジャケット着て、ブローチつけて、仕草もそうなのに「ノンケなんです~」と言ってる人がいたけど。二丁目で遊ぶうちにゲイの友人も沢山できて、歌舞伎町に行く頃には、夫とも結婚してましたけどね。

伏見 きっと初めからゲイとの相性はよかったんでしょう。

中村 その頃、ギャグ系のライトノベルを書いてたんですが、そのギャグセンスがゲイとは共通していました。普通だと、毒舌だねとか、怖いと言われて敬遠される。だから、毒舌が許される世界が、純粋に楽しかったんです。

伏見 当時はまだ毒舌が許されたからね。でも今の若い客なんて、店に来たかわいい子には「かわいい!」ってちやほやしないと……冗談でも「ブスね、あんた」なんて言おうものなら。

エスムラルダ(以下、エスム) 一瞬で店から消える(笑)。

伏見 それでネットに悪口書かれる(笑)。

中村 それって、ゲイカルチャーが、差別されてたことに対する反抗心から成り立ってたことと繋がってるのかな。社会に認知されることによって、そういう文化的下地がなくなってきたのかも。

伏見 今は学歴、収入とかの格差も、気にするゲイは気にしますからね。二丁目でそれを気にしてどうすんの! と思いますけど。

中村 カウンターで並んで「同じホモよね~」ってそれで通じ合ってたのに。

伏見 今はなかなかね。それこそ電通です! Googleです! とかじゃないと、もてないのよ。

中村 えらく具体的な(笑)。

伏見 エスムさんだって、一橋大学出られて、エリートで、なのになんでこんな人生をって。

エスム 全部ドブに捨ててます~(笑)。

伏見 しかも女装なんて、一層もてないのに。そういえば、なんで女装するようになったんですか? 

エスム 最初はイベントの余興でやったら、面白くなっちゃったんですね。

伏見 でも二丁目で「もて」って重要でしょう。それは気にならなかった? 

1/4ページ

最終更新:8/7(水) 6:00
Book Bang

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事