ここから本文です

学歴・年収格差広がる!? 「電通」「Google」じゃないとモテない LGBTの聖地となった「新宿二丁目」の今 伏見憲明×中村うさぎ×エスムラルダ公開鼎談(3)

8/7(水) 6:00配信

Book Bang

エスム そもそも、もてていないので、女装しようとしまいとあまり関係ないです! (笑)。むしろ、女装していたおかげでたくさんの人と知り合えたので、あったかどうかわからないような「もて」と引き替えにして、ほんと良かったなと(笑)。

伏見 確かに! エスムは同世代のおじさま方よりも、若いイケメンの知り合い、多い! じゃあ、女装したことで個人的に「いいこと」もあった? 

エスム それは何にもない(キッパリ)! ある人にはあるんでしょうけどね……。

伏見 ないのか(笑)。でも二丁目では有名人ですし、そういうのは楽しいのかな。

エスム 50歳近くになって、及川眠子先生と中崎英也先生の曲でCD出せることになったのも、女装していたおかげですしね。ありがたいです。

伏見 40代越える頃って、人生の可能性がなくなるというか、限界も見えてくるし、容貌も落ちてくるし、自己肯定感を得られなくなっていくじゃないですか。

中村 その落ちてくるのがないよね。

エスム そもそも0というか、マイナス寄りだから。

中村 持たざるものは強い。

伏見 若い頃、ブイブイ言わせてたかわいい子らよりも、今は私たちの方が二丁目で「フッフッフッ」と。

エスム あと、二丁目では、心が鍛えられましたね。見た目が優れていると、若い頃って下駄履かせて貰えるじゃないですか。

伏見 イケメンはちやほやされるから、自己肯定感が得られやすい。

エスム それに、もてる子なら、悩みを彼氏に相談したり、寂しさを恋愛やセックスで埋めたりすることが容易にできるけど、私は、そこを全部自分で処理してきましたから(笑)。時には友だちの力を借りつつも、基本的には一人で自分の心と向き合い、自分で心を立て直していくしかなくて。いやあ、鍛えられた(笑)。

伏見 女の人も、二丁目で心を鍛えられたりしますか? 

中村 鍛えられる人と、そうじゃない人がいるでしょうね。私なんかは、物の見方から考え方、全部おかまから盗んだと言ってもいいけど、女の人でも全然ダメな人はいますよね。

2/4ページ

最終更新:8/7(水) 6:00
Book Bang

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事