ここから本文です

渋野日向子「帰りたいと何回言ったか」。 つらくても笑顔で攻めた4日間

8/7(水) 6:57配信

webスポルティーバ

「やっちゃいましたね、本当に。なんで勝っちゃったんですかね。本当にいらんことしてしまった、ハハハッ(笑)」

【写真】「黄金世代」の躍進がとまらない

 日本女子ツアーを席巻する「黄金世代」のひとり、渋野日向子(20歳)がとてつもない快挙を成し遂げた。今季女子海外メジャーの最終戦、AIG全英女子オープン(8月1日~4日/イングランド)において、世界を驚かす圧巻のゴルフを披露。3日目を終えて単独トップに立つと、最終日も世界トップクラスの面々との競り合いを制して、頂点に立ったのだ。

 渋野にとっては、初の海外試合であり、初の海外メジャー挑戦だった。しかし、その大舞台にあっても、彼女に気負いはなかった。期せずして優勝争いを演じることになっても、楽しんでプレー。最後まで持ち味である"攻めのゴルフ"を貫いて、1977年の全米女子プロ選手権を制した樋口久子以来、日本勢としては42年ぶり、2人目のメジャー制覇を果たした。

 とにかく大会を通して、渋野から重苦しい緊張感が伝わってくることはなかった。大会前も、渋野らしい(?)スタンスで、メジャー初挑戦の抱負をあっけらかんと語っていた。

「イギリスですか? 楽しいと思います、ハハハッ(笑)。(コースは)なんか『イギリスっぽくない』って、めっちゃ思いました。日本っぽいかな、と。芝生の感じも『北海道みたいな洋芝だ』と思ったので、やりやすいのかな、と。練習もいつもどおりにできたので、まだ緊張とかまったくしていなくて。メジャー感もまったくないです。周りの人たちを見て、外国人が多いな、と。

(目標は)私は、予選通過ができたらいいかなと思っているんですけど、コーチとトレーナーは『来年の出場権(上位15位タイ以内)をとる』と勝手に言っています、ハハハッ(笑)。私は知らないですよ。まずは予選通過が目標で、予選を通過したら、また上位争いができるようにしたいですね。

 グリーンは練習した感じではまったく読めていなかったので、たぶん手こずるだろうな、と。コーチがキャディーを務めてくれるんですけど、コーチもあまりパターは得意じゃないので、(グリーンを)読むのが下手な者同士でなんとかがんばります(笑)」

1/5ページ

最終更新:8/7(水) 6:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事