ここから本文です

カバーガール女王・大原優乃 武器はFカップのボディと愛くるしい表情

8/7(水) 15:53配信

週刊SPA!

’18年に最も多くの表紙を飾り、「第5回カバーガール大賞」を受賞した大原優乃。この大躍進の裏には、彼女の知られざる努力が隠されていた――。女優としても頭角を現しつつある彼女の知られざる素顔と夏を彩るグラマラスすぎるボディに迫る!

自分なりに雑誌の色に合うように考えてるんです

 愛くるしい表情とFカップのボディを武器に、グラビアで大活躍。’18年に最も多くの表紙を飾ったタレントとして「第5回カバーガール大賞」にも輝いた大原優乃が週刊SPA!8月6日発売号表紙に初登場した。ここまで上り詰めるには、どうやら秘訣があったようで。

「載せていただく雑誌によって雰囲気を工夫していて。ウインクをして舌を出して、ちょっとあざとい自分になりきったり、時に女優っぽくしたり、ポージングは少なめにして表情を変えるだけにしてみたり。自分なりに雑誌の色に合うように考えてるんです」

 一方、最近は女優としても活躍の場を広げる。そんななかで共演した俳優から、学ぶことも多いという。

「『3年A組』で共演した菅田将暉さんは、撮影が進むにつれて役に合わせて10㎏くらいやせ細っていって、みんなが心配になるくらいでした。カットがかかっても役になりきったままで、あんなにストイックな人は初めて見ました。自分も同じくらいストイックになりたいって思ってます」

 そんな思いからか、挫けそうになりながらも続けていることが。ハードなトレーニングによるボディメイクだ。

「今年の4月からはパーソナルトレーナーについてもらって、トレーニングを始めました。食事のメニューも作ってもらったんですけど、食べられるものが少なくて……。本当はとんこつラーメンとか食べたいんですけど(笑)。スイカだけは無限に食べていいって言われたので、毎晩楽しみにしてるのに、夏だからスーパーで売り切れてることが多くて、よく落ち込んでます」

 夏バテが怖い季節だが、普段から鍛えている彼女なら問題なし?

【大原優乃】
’99年、鹿児島県生まれ。’09年にDream5としてCDデビュー、’14年に紅白歌合戦に出演。’16年、グループ解散後はソロ活動を開始。グラビアで頭角を現し「第5 回カバーガール大賞」の大賞に輝くほか、女優として『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)など話題作に出演。今回の撮影未掲載カットを含むデジタル写真集が8月下旬に発売予定

撮影/唐木貴央 取材・文/森ユースケ ヘアメイク/萩村千紗子 スタイリング/和田千星
※週刊SPA!8月6日発売号「今週の顔」より

日刊SPA!

最終更新:8/7(水) 15:53
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事