ここから本文です

【優勝ウェア全部見せ】渋野日向子 ビームス担当者が語る「天真爛漫な素顔」

8/8(木) 20:15配信

文春オンライン

 女子ゴルフの海外メジャー最終戦「AIG全英女子オープン」で優勝した渋野日向子。樋口久子以来、男女通じて42年ぶり史上2人目の快挙を達成した二十歳の新星は、その笑顔とともに一躍時の人となった。

【写真】渋野日向子の写真(4枚)を全部見る

「渋野フィーバー」はゴルフの世界を飛び出し、周辺にも及んでいる。まず話題となったのは、優勝争いの最中にコース上で渋野が食べていた珍味「タラタラしてんじゃね~よ」。製造元のよっちゃん食品工業には注文が殺到しているという。

 また、渋野が着用していた「BEAMS GOLF」(ビームス ゴルフ)のウェアは瞬く間に在庫切れとなった。特に最終日に着用していたポロシャツは、問い合わせが相次いだという。

全英女子OP1日目「ロゴ モックネック レディース スウェット」

 今年5月14日に渋野とウェア契約を結んだばかりのビームス ゴルフ。全英女子オープンで渋野が着用したウェアを振り返るとともに、ブランドを統括する今泉𠀋夫・第二事業本部長に、渋野の素顔を聞いた。

◆◆◆

 渋野プロとの出会いは、私の知人を介して渋野プロがウェア契約先を探しているとの打診を受けたことがきっかけです。プレーを見たことはなかったのですが、彼女のポテンシャルと人柄に惹かれて契約の交渉に入りました。

 今年の5月にお会いする約束をしていたのですが、その日がちょうど「ワールドレディスサロンパスカップ」の翌日だったんですよね。彼女が国内メジャー初優勝を遂げた大会です。3日目までよい成績だったので、最終日は茨城まで見に行ったんですよ。そうしたら、あれよあれよと優勝しまして。しかもギャラリーを魅了するゴルフをするなあと。

全英女子OP2日目「エリ裏 マーガレット ポロシャツ」

 翌日にお会いしたら、素直でまっすぐ、裏表のないキャラクターで、ビームス ゴルフが目指す方向にも合っている。「ぜひ、うちのウェアを着てください」と伝えました。

 ゴルフは「1勝目より2勝目のほうが難しい」とよく言われますが、すぐに7月の「資生堂アネッサレディス」で2勝目を挙げて、やはりすごいプレイヤーだなと。その時、渋野プロと「全英女子オープンに行けたらいいよね」と会話したことを覚えています。

1/2ページ

最終更新:8/15(木) 9:33
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事