ここから本文です

渋野日向子をお手本に “楽しく速い”プレーを米記者絶賛「他のプロを感化できれば」

8/8(木) 17:33配信

THE ANSWER

米記者が渋野のプレースタイルを絶賛「キビキビとしたプレーは素晴らしい」

 米女子ゴルフの海外メジャー最終戦・AIG全英女子オープンで優勝した渋野日向子(RSK山陽放送)。樋口久子(現LPGA顧問)以来、男女通じて42年ぶり史上2人目の海外メジャータイトル制覇という快挙を達成した。「スマイル・シンデレラ」として脚光を浴び、一躍時の人となった20歳について、米記者は笑顔を絶やさず、かつスピーディーなプレーについて、他のプロの模範となるべきだと称えている。

【動画】海外ファンもメロメロ!? 「なんて可愛いの」とLPGAのハートを射止めた渋野の表彰式“ピョコピョコ小走り”の実際の瞬間

 トレードマークの笑顔を絶やさず、コース上ではお菓子をもぐもぐ。チャーミングな姿は海外でもメディア、ファンを虜にした。一方でプレー面で高い評価を受けているのが、そのスピーディーなプレーについてだ。

 米専門メディア「ゴルフ.com」では、アラン・シプナック記者が読者からの質問に答える企画を展開。渋野が楽しそうにプレーしていることについて問われると、同記者はこう答えている。

「ゴルフは楽しいものだ。シブノの喜びは人から人へと広がっていく。彼女のキビキビとしたプレーは素晴らしい。観客だけではなく、他のプロをインスパイアできればと思う。気難しいゴルフ選手たちは、もし態度や仕草がよりよくなれば、スコアも伴うということが分かるだろう」

 プレーファーストの機運が高まるゴルフ界の中でも、際立った渋野のスピーディーなプレーについて高く評価し、ショットに時間をかけるベテラン選手たちも見習うべきだと指摘している。

将来性に期待も…「時が経てば分かる」

 また初の国外での試合で、いきなり快挙を成し遂げた渋野の優勝については「喜びに満ちたパフォーマンスだった」と認めつつも、こう続けている。

「しかし、その重大さはしばらく分からないだろう。シブノは勝ち続け、ファンを魅了しゴルフ界を高める人物になることができるだろうか? もしくは、かつて偉業を成し遂げ、徐々に消えていった愛らしい性格の持ち主、バーディ・キムの再来だろうか? 私は前者であることを願っている。時が経てば分かる」

 同記者は今後さらに名声を高めるような活躍を笑顔の新女王に期待を寄せながらも、2005年の全米女子オープンで初出場初優勝しながらも、その後目立った成績を残せなかった韓国人ゴルファーの例を挙げて、今後の内容、結果に注視する構えだ。

 9日に開幕する北海道meijiカップ(札幌国際CC島松C)で凱旋試合に臨む渋野。このまま一気にスターダムにのし上がるのか、海外からも熱い視線が注がれている。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/8(木) 20:40
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事