ここから本文です

ノブコブ吉村ら北海道出身芸能人の“あるあるネタ”がSNSで大反響

8/8(木) 18:00配信

ザテレビジョン

8月7日に放送された「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に、菊地亜美、武田真治、内藤大助、長谷川初範、バービー(フォーリンラブ)、吉村崇(平成ノブシコブシ)がゲスト出演。北海道出身芸能人のリアルな叫びが、スタジオのみならずSNSをも沸かせた。

【写真を見る】“地元愛”をアツく叫んだ吉村崇、バービー、菊地亜美

夏休み人気旅行先ランキング1位に6年連続選ばれている北海道。しかし、今回はその北海道出身の芸能人たちが「北海道に勝手に期待してガッカリして帰るのはやめてほしいです!」と訴えにきた。

「最初に言わせてください!時計台、たいしたことないですよ?」と武田が説明したのを皮切りに、北海道あるある話が続出。北海道は東京都の約38倍と、とにかく広大で新千歳空港から札幌市まで約50km(車で約1時間半、汽車で約30分)はあるが道民感覚では近い。

道民の修学旅行の行先はほぼ道内。寒さに強いのは人間ではなく建物。こたつ文化ではなく、屋内全体を暖めるのが基本。動物は多いが危険動物・家畜・駆除動物が大半を占める。

キタキツネの糞には寄生虫の1種・エキノコックスの卵が入っているため、キタキツネは追い払う。足跡が見つかったら学校が休校になるほどクマは危険。日高山脈の東と西では降雪量がまったく異なるため、出身地によってスキーかスケートどちらが得意か分かれる(道東はスケート選手、道東以外はスキー選手を多く輩出している)など、次々に飛び出す北海道あるある話にスタジオからは驚きの声がひっきりなしに上がった。

SNS上には、「でっかいどう、なめんな!」「都民の反応が、なまらおもしろいw」「内地(北海道以外)と汽車という単語に違和感を感じない道民」「どこ住みかで、あるあるネタも変わるほど広い北海道」といった道民と思われる視聴者の意見が続々。

年に2回は北海道旅行を楽しんでいたというマツコデラックスの「ガツガツしちゃダメなの、北海道は!」「1カ所決めて、もうその周りを楽しむ」というコメントと共に注目を集めた。

次回の「ホンマでっか!?TV」は8月14日(水)放送。立川志らく、青山テルマ、ギャル曽根、高畑淳子、川島明(麒麟)が出演し、普段から何とかならないかと考えている悩みを相談する予定。

(ザテレビジョン)

最終更新:8/8(木) 18:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事