ここから本文です

AIで急性腎障害の高精度予測を実現、見えてきたグーグルの医療分野における野望と課題

8/9(金) 19:10配信

WIRED.jp

グーグルは現代医療の非効率な部分に解決策を提示しようとしている。プッシュ通知だ。もちろん、外国語学習アプリでアラビア語の勉強を忘れたときに教えてくれたり、Lyftのプロモーションを知らせてくるプッシュ通知とは違う。グーグルの新しいプッシュ通知は、あなたの命を救うかもしれないのだ。

AIで急性腎障害の発症を予測する

グーグルの親会社であるアルファベット傘下で人工知能(AI)を研究するDeepMind(ディープマインド)は、AIを活用した医療予測システムの実用化に取り組でいる。具体的には、AIが患者の危険な兆候を察知すると、早期段階で医師に警告を発する仕組みだ。

そしてこのほど、急性腎障害の早期発見が可能になったことを明らかにした。米退役軍人省と共同開発したソフトウェアを使って、最大で48時間前に急性腎障害が発症する可能性を知ることができるという。70万人を超える退役軍人の医療記録で学習したAIは、透析治療を必要とするような重篤な症例の予測に9割の確率で成功した。

スクリプス研究所教授のエリック・トポルは科学誌『Nature』に発表された論文を読んで、近い将来の実用化も可能だと感じたという。トポルはDeepMindのプロジェクトには関わっていないが、「驚くべき成果です」と話す。「腎臓移植が必要になるほど重症化することや、腎障害による死を防げる可能性を秘めています」

事後の対処ではなく「予防」できる社会に

米国では集中治療室(ICU)に搬送された患者の半数以上が、何らかのかたちで急性腎障害を起こすという。最悪の場合は死に至ることもあるが、早期発見できれば、体液の補充や原因となっている薬剤を取り除くといった治療で対処が可能だ。

アルファベットはこの技術の商用化に向けたプラットフォームをすでにもっている。英国の国民保健サーヴィス(NHS)と協力して開発したモバイルアプリ「Streams」だ。DeepMindは7月末、やはり『Nature』に発表した別の論文で、Streamsの導入によって急性腎障害を見逃す確立が12パーセントから3パーセントにまで下がったという実験結果を明らかにしている。

この論文の対象になっているStreamsは、今回発表したAIの予測システムではなく、1回の血液検査の結果から腎機能の異変を読み取る仕組みになっている。今後はふたつのソフトウェアを統合することで、予測の精度をさらに高めていく計画だ。

DeepMindで医療プロジェクトチームを率いるドミニク・キングは、将来的には敗血症や急性すい炎など、ほかの疾患の予測にも応用できるとの見方を示している。キングは元医師だが、「医療従事者たちは現在、実際に問題が起きてから対処するといった働き方を強いられています。将来的には、これを予防に重点を置く方向に変えていきたいと考えています」と語る。

1/3ページ

最終更新:8/9(金) 19:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事