ここから本文です

都内で極上の“渓谷グランピング”を!豪華テントにときめく新施設オープン

8/9(金) 18:30配信

ウォーカープラス

都内とは思えない豊かな自然が残る東京都西多摩郡檜原村(ひのはらむら)に8月1日、注目のグランピング施設「KEIKOKU GLAMPING TENT」がオープンした。

【写真を見る】「SUITE TENT」だけに設置されているスウィングソファー

周囲を渓谷に囲まれた最高のロケーションの中、ラグジュアリーなグランピングを堪能できる同施設。なかでも特筆すべきは、テントの豪華さだ。テントは38平米の「LUXURY TENT」(1泊4万4000円~)と、50平米の「SUITE TENT」(1泊5万5000円~)の2種類あり、どちらも天蓋付きベッドが設置され、さながら南国の高級リゾートホテルのよう。テントの中にトイレ、シャワー、エアコンが完備されているのもうれしい。

また、「SUITE TENT」にはスウィングソファーがあるのも注目ポイント。寝転がりながら自然の音に耳を傾ける、至福のひと時が過ごせる。

備品の品質にもこだわりが光る。例えばバスローブとタオルは、東京・青梅市のタオルブランド「Hotman」の製品をチョイス。吸水性に優れ、風呂上がりの敏感な肌や髪、赤ちゃんにも優しく快適に使うことができる。

グランピングの楽しみのひとつであるバーベキューも、納得のラインナップ。400gのTボーンステーキをはじめ、ピザ生地やピザ用チーズ、ピーマン、かぼちゃ、玉ネギなどの野菜、コンビーフディップ、クラッカーなどがセットになった、2人前・6900円のメニューが用意されている。そのほか追加メニューとして、「海老と魚介のパエリア」(2~3人前、3900円)などもある。

さらに、同施設ではスパで日頃の疲れを癒すことも可能。オイルを使わず洋服は着たまま、オールハンドのソフトな施術で深いリラクゼーションへと誘う“深層リンパドレナージュ”の施術を受けられる。料金は70分8888円、80分9999円。1週間前までに予約が必要だ。

至れり尽くせりの環境で、檜原村の大自然を満喫できる「KEIKOKU GLAMPING TENT」。都心方面からの所要時間は、車で105~140分ほど。気軽に行ける距離も魅力だ。忙しい日常から離れて、ワンランク上のグランピングを楽しんでみては?

(東京ウォーカー(全国版)・水梨かおる)

最終更新:8/9(金) 18:30
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事