ここから本文です

スペイン2部サラゴサ移籍の香川真司、公式SNSで所信表明 「1部に戻るために戦う」

8/9(金) 22:52配信

Football ZONE web

新天地は希望していたスペインに決定 2部サラゴサと2年契約を締結

 スペイン2部レアル・サラゴサが現地時間9日、日本代表MF香川真司の移籍でドルトムントと合意したことを発表した。その後、香川も自身の公式ツイッターを更新し、スペイン語で「レアル・サラゴサに加入できてとても嬉しいです。1部に戻るために戦います!!」と喜びと決意を綴った。

【写真】日本代表MF香川真司がサラゴサのユニフォームに袖を通した最新ショット

 香川はドルトムント通算7年目の2018-19シーズン、ルシアン・ファブレ監督の構想外となり、ベンチ外が続く苦しい日々を過ごした。冬の移籍市場でトルコ1部ベジクタシュへの期限付き移籍を決断。デビュー戦で2ゴールを挙げる活躍を見せたが、レギュラー奪取とはならず、リーグ戦14試合4得点でシーズンを終えた。

 今オフに保有権がドルトムントに戻ったが、香川はプレシーズンツアーやキャンプには帯同せず、移籍先を模索してきた。ベジクタシュへの完全移籍や、スペイン1部のセルタとの契約も噂されたが、正式発表には至らず、ミヒャエル・ツォルクSDはドイツ誌「キッカー」で「みんなにとって良い形で解決できることを願っている」と語っていた。

 そんななか、スペインへの移籍を望んでいたとされる香川は、ついにその夢を叶えることになった。新天地は2部のサラゴサ。ドルトムントを離れ、2年契約を結ぶとサラゴサ公式サイトで発表された。新しいユニフォームに袖を通した香川の写真も公開されている。

 お披露目の日程はまだ決まっていないが、来週にも本拠地エスタディオ・デ・ラ・ロマレーダで行われる予定だという。サラゴサに所属する日本人選手はMF長谷川アーリアジャスール(2015-16シーズン/現・名古屋グランパス)以来2人目となる。

 香川も自身の公式ツイッターにスペイン語で、「レアル・サラゴサに加入できてとても嬉しいです。1部に戻るために戦います!!」と思いを綴った。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/10(土) 0:37
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事