ここから本文です

人騒がせな「加藤浩次」は吉本残留へ 日テレ「スッキリ」にとっては最悪の結末か

8/9(金) 17:01配信

デイリー新潮

「今の会長と社長の体制が続くんだったら、僕は吉本興業を辞めます!」

 7月22日の「スッキリ」(日本テレビ)で吠えた、極楽とんぼの加藤浩次。宮迫博之と田村亮の涙の記者会見に端を発する、突然の退社宣言は“加藤の乱”と呼ばれ、注目された。翌23日の「スッキリ」の視聴率は12・0%(第1部:ビデオリサーチ調べ、関東地区)にまで跳ね上がった。その後も、吉本の大崎会長と直談判するなど、ワイドショーも追っていたが、8月に入ると、すっかりトーンダウン。そして、結局は……。

 ***

 日テレ関係者は言う。

「加藤さんも、時間とともに冷静さを取り戻したんじゃないですか。むしろ、あれだけ振り上げた拳の落としどころを見失ったか、丸く収めるための着地点を探っていたようです」

 当初の勢いは凄まじかった。「会社を辞める」とまで言い放った7月22日の「スッキリ」では、先輩であるダウンタウンの松本人志にもその矛先は向けられていたほどである。

加藤:昨日、「ワイドナショー」(フジテレビ)で「大崎さんが辞めるんだったら僕も辞める」と仰っていた大先輩に対しておこがましいかもしれないですけど、松本さんにとってはずーっと一緒にやって来た大崎さんというのは同志だと思う。松本さんの気持ちは分かる。でも、松本さん、後輩ながら言わせていただきますけど、会社のトップなんです。みんな、辛い思いしていて、トップが責任取れない会社なんて、機能してるのかな……。

「この発言には驚きましたね。経営者だけでなく、先輩の松ちゃんまで敵に回した形でしたから。おかげで、視聴率は上がり、結果としては大成功でした。なにより『スッキリ』は過激な発言で知られたテリー伊藤をコメンテーターから外して以来、低迷が続いていた。2016年からはハリセンボンの近藤春菜、17年からは人気No.1女子アナの水ト麻美アナを投入しましたが、それでも同時間帯では2位、3位争いにとどまっており、最近では加藤さんの降板すら囁かれ始めていたのです。『スッキリ』は、かつて天の声(山里亮太)と担当ディレクターが険悪となり、それを山ちゃんが暴露したことがありました。決してタレントとスタッフが一枚岩ではないのです。だから加藤さんだって不要となれば切り捨てられます。そこへ吉本問題で、自ら過激な発言をすることで、とりあえず首が繋がった形となったのですが」(同)

1/3ページ

最終更新:8/10(土) 15:23
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事