ここから本文です

男女で変わる妊活のNG行動って? 赤ちゃんに出会うために2人で妊活力チェック

8/10(土) 20:10配信

たまひよONLINE

同じ状況でも男女で変わる! ? 毎日の行動、季節ごとにあるイベントを少し見直すだけで妊活力がぐっとアップするかもしれません。
1日でも早く赤ちゃんに出会うため「妊娠のためによくないかな?」と気になる、男女のあるある疑問を、お2人の産婦人科医・池下育子先生と原利夫先生に答えてもらいました。

※参考:「妊活たまごクラブ 2019-2020年版」

【2人でチェック!1日編】 朝・昼・夜の気になる行為をチェック!

ルーティンになっている日々の行為。チリツモな行動を妊活向けに変えることが、妊娠への第一歩です。

【朝】の気になることは?

■妊活中の女性
「妊活中はしっかり眠ったほうがいいですよね?」

■池下育子 先生
「妊活に睡眠時間はあまり関係ありません。ただし、健康面からノンレム睡眠とレム睡眠が最低4サイクル必要なので、6時間ほどは寝てください。」

■妊活中の男性
「僕は朝食をあまり食べないのですが、大丈夫ですか?」

■原利夫 先生
「男性は空腹時に性欲が高まる傾向があるので、妊活的にはOK。朝6~7時は男性ホルモンの分泌が多い時間帯なので、この時間帯のセックスをおすすめします。」

■妊活中の女性
「朝食抜きダイエットをしています。男性が朝食抜きで大丈夫なら続けてもいいですか?」

■池下育子 先生
「健康面から朝食はとってください。短期間での体重の減少は女性ホルモンに大きな打撃を与えます。妊娠を希望しているなら、1~2年の長期的スパンで体重を落とすように。」

■妊活中の女性
「健康を考えて、朝食には牛乳か豆乳を飲みます。どちらがいいですか?」

■池下育子 先生
「両方とも有益なタンパク源。バランスよくどちらもとるのがベストですよ。」

■妊活中の男性
「僕は自転車通勤。健康的だと思いますが、どうですか?」

■原利夫 先生
「サドルに長時間のっている状態は精子をつくる睾丸を痛めます。ED(勃起不全)になる恐れもありますので、長時間なら通勤方法を考え直してください。」

1/4ページ

最終更新:8/10(土) 20:10
たまひよONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

たまごクラブ

株式会社ベネッセコーポレーション

毎月15日発売

妊娠・出産に戸惑うママたちの気がかりを解消し、毎月の妊娠生活を強力サポート。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事