ここから本文です

プレートに「ファスナー」があった!?謎の火山活動に新説

8/10(土) 9:11配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

沈み込み帯で死にゆくプレートの運命を探る、米オレゴン州

 米カリフォルニア大学バークレー校の博士課程に在籍するウィリアム・ハウリー氏は、米西海岸沖を南北に走る巨大な「カスケード沈み込み帯」に注目していた。ここでは海洋プレートであるファンデフカプレートが大陸側の北米プレートの下に沈み込み、ひずみが蓄積されている。そして、いずれはひずみが解放されて巨大地震を引き起こすだろうと危惧されている。

ギャラリー:奇跡の一瞬!心ふるえる地球の名作写真50点

 しかし、ハウリー氏が気になって仕方がないのは、オレゴン州の地下に潜り込んだファンデフカプレートの一部が、州の中央部あたりで消えているように見える点だった。この欠落に気付いたのはハウリー氏が初めてではなかったが、氏はこれが何らかの形で地表にも影響を与えているはずだと考え、研究していた。

 その結果、学術誌「Geophysical Research Letters」に先月掲載された論文で、ハウリー氏と共著者のリチャード・アレン氏は、地下150キロ以上の深さでプレートがゆっくりと引き裂かれているために欠落が生じているという説を提唱した。

「地下深くの出来事のように思えるかもしれない」とハウリー氏。しかし、これが地表付近で起こっている様々な現象の原因となっている可能性があり、将来の災害予知にも役立てられるかもしれないという。

 例えば最新のモデルでは、引き裂かれたプレートの南側が時計回りの方向に回転するように移動して、オレゴン州南部やカリフォルニア州北部で巨大地震を引き起こす事態が想定されている。また、オレゴン州で見られる謎の火山活動も説明できるかもしれない。

 さらにこの研究では、プレートがその一生を終えるときの様子も垣間見ることができる。かつて太平洋の東部には、ファラロンプレートという巨大なプレートが存在した。ところが今から1億8000万年前、超大陸パンゲアが分裂を始め、北米プレートの下にファラロンプレートが沈み込み始めた。今はほとんど飲み込まれてしまったファラロンプレートが残した最後の破片のひとつが、ファンデフカプレートだ。沈み込んだプレートがどうなってしまうのかはまだ解明されていないが、地球上の海洋プレートはすべてこのような運命をたどることになっている。

「現在私たちが目にしているのは、死にゆく海洋プレートの最期です」と、ハウリー氏は言う。

1/3ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事