ここから本文です

人気ドラマをAIではなく「人間」がお薦め:HBOの取り組みは支持を得られるか?

8/10(土) 12:19配信

WIRED.jp

Netflixのレコメンデーション機能にうんざりしたことはないだろうか。さまざまな番組を勧めてくるプログラムは、人気ドラマ「ブラック・ミラー」や「フレンズ」の価値をかなり過大評価しているようだ。そこで大手ケーブルテレビ局のHBOが新しいシステムを思いついた。ユーザーによるお薦めサーヴィスである。

レコメンデーション機能に潜む「負の側面」は解消できるのか?

新サーヴィス「Recommended by Humans」は、コンピューターではなく人間による評価システムを採用する。履歴や同じような番組を視聴したユーザーがほかに何を観ているかではなく、Twitterでの評価やユーザーへの聞き取りなどを通じて人気の番組を調べた結果が、ひとつのサイトにまとめられているのだ。

面白そうな番組を探している人がこのサイトにアクセスすると、「ゲーム・オブ・スローンズ」や「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」といった有名作品から、「ユーフォリア」「A Black Lady Sketch Show」などの話題の新作まで、50本以上のエピソードを無料で視聴することができる[編註:日本からは本編は視聴できない]。

アルゴリズムへの軽い批判?

「Recommended by Humans」が、新たなユーザー層を引きつけるための戦略であることは確かだ。「ゲーム・オブ・スローンズ」が完結し、新サービス「HBO Max」の立ち上げを来春に控えたいま、HBOは新規契約者の獲得に躍起になっている。一方で、今回の試みが実際にうまくいくかは、それほど重要ではないのかもしれない。

現時点では、サイトで無料で見られる番組が面白いという根拠になっているのは、150件程度のツイートとユーザー数人へのインタヴューだけだ。これでは人工知能(AI)を駆使したNetflixの強力なレコメンデーション機能と張り合うのはとうてい無理だろう。しかし、だからと言って無駄な努力というわけではない。少なくとも、アルゴリズムへの軽い批判という意味では注目を浴びるはずだ。

それに、サイトを眺めていると何か気になる部分もある。各社がストリーミング市場に参入し競争が激化するなか、ネットフリックスのような企業がこれまで収集してきた膨大な量のデータに勝つことは難しい。ただ同時に、ユーザーがTwitterで「トレンド」などをチェックして話題の作品を調べていることも確かで、HBOはこれをよく理解しているようなのだ。

それに、ある種のユーモアのセンスのようなものすら感じられる。サイトのトップページに並ぶクールエイドのようなポップな色合いのパネルをクリックすると、コンテンツを読み込んでいる間に以下のような文章が表示される。「機械ではなく人間からのおすすめです。わたしたちはモンスターではないので、協力してくれた方には謝礼をお支払いしています」

1/2ページ

最終更新:8/10(土) 12:19
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事