ここから本文です

ヒカキンが好きすぎる女の子、本人の登場で絶叫&大号泣 愛らしいサプライズに絶賛の声

8/10(土) 8:47配信

リアルサウンド

 人気YouTuberのヒカキンが8月8日、自身のYouTubeチャンネル「Hikakin TV」に、自身の大ファンである5歳の女の子の前に突然現れるドッキリを仕掛けた動画を投稿した。

【写真】令和の目標を語るヒカキン

 事の発端は、ほんの少し前にTwitterで話題になった1本の動画から。そこには、ヒカキンのぬいぐるみをもらって大泣きしながら喜ぶ少女・かのんちゃんの姿が映し出されており、「先日の娘の誕生日。海外の動画か!! HIKAKIN君に届け~~笑」と父親からのメッセージが添えられていた。

 Twitterでバズったその動画は、お父さんの願い通り、ヒカキンのもとへと届くことに。あまりの喜びように感動したヒカキンは「会うしかねぇだろ!」と意気込んで、自宅へ訪問するべく親御さんに許可を取り、東京からかのんちゃんが住む福島へ新幹線で直行した。

 遠路はるばるやってきた福島のかのんちゃん宅の玄関先には、七夕が近いということで、笹飾りが置かれていた。その短冊の一つには「ヒカキンにあえますように かのん」と書かれた一枚が。ヒカキンはうれしそうに笑みを浮かべ「会えるよ!」と言って、お父さんが待つ家の中へと入っていった。

 お父さんによると、かのんちゃんは毎日「ヒカキンに会いたい」と繰り返し言っているのだという。そのため「良い子にしてたら会えるかもね」と言うと、お手伝いなどをしっかりとやってくれるらしい。このことを聞いたヒカキンはカメラに向かって「良いことをしてます!」とドヤ顔をして見せた。

 そうこうしているうちに、かのんちゃんが帰宅。ヒカキンは2階へ隠れ、「ちょっとドキドキするな~……福島まで来て大失敗とかならなきゃいいけど……」と不安そうな表情に。一方、今回のドッキリの仕掛け人でもあるお父さんは「ヒカキンに送るようの動画を撮影しよう」とかのんちゃんへ提案。もちろん、大好きなヒカキンのためと、かのんちゃんは素直に応じるのだが、その間にヒカキンはゆっくりと足音を立てぬよう階段を下りてリビングの扉の前へ移動した。

 リビングでは、お父さんがカメラを回して動画撮影をしている。「ヒカキンに会えたらうれしい?」と聞かれると、かのんちゃんは「うん、泣いちゃう」と一言。続けてお父さんが「目をつむって大きい声でお願いしてみたら?」と言うと、かのんちゃんは「ヒカキンに会えますように! ヒカキンに会えますように!」と大声を張り上げた。

 この言葉を合図にヒカキンは、リビングの扉を開けて「ブンブンハローYouTube!」とお馴染みのフレーズを発しながら登場。その瞬間、かのんちゃんは「キャー!!!」と絶叫し、「ヒカキ~ン!!」と一目散にヒカキンの胸に飛び込んでいった。

 「ヒカキンに会いたかったよ~!! うわあぁぁぁ!!!」と大号泣するかのんちゃん。そんな5歳の小さな大ファンをヒカキンは抱き抱えて、「会えちゃったね!」「YouTubeの世界から来ちゃった!」と優しく語り掛けた。さらに「どうですか? 本物は? うれしい?」と聞くと、かのんちゃんは「うれしい!」と即答。この答えにヒカキンは「良かった~! 大成功!!」と満面の笑みを浮かべていた。愛らしすぎるサプライズ。ヒカキンのサービス精神に、視聴者からは絶賛の声が寄せられている。

こじへい

最終更新:8/10(土) 8:47
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事