ここから本文です

島袋聖南 【年下男子の落とし方】『10歳下の彼と同棲スタート★ そのとき私が何度も彼に確認したこと』

8/10(土) 22:11配信

with online

32歳、10歳年下の彼と交際1年。今もラブラブです

はじめまして、島袋聖南です。

私が初めて『テラスハウス』に参加したのは2012年。あれから8年が経ち、私も32歳になりました。
現在は『テラスハウス 軽井沢編』で出会った石倉ノアさんとお付き合いさせていただいています。

【年下男子の落とし方】記事一覧はこちら

「ノアさん」はまだ22歳になったばかり。若いですよね。でも、実は私、年下としかお付き合いしたことがないんです。ノアさんとの交際は、そろそろ1年になりますが、最初も今も、年齢差によるギャップというのはあまり感じていないのです。今はすごく仲良しだし、毎日すごく幸せ!

それはなぜ? なぜなんでしょうね(笑)。

この連載では、ふたりのこと、自分のこと、色々考えていきたいと思っています。

この春から同棲生活をスタート!

最近いちばんの変化といえば、同棲を始めたことですね。

えぇ、懲りずにまた始めました(笑)。

ただ、最初は私もあまり乗り気じゃなかったんです。

ご存知の方もいらっしゃると思うのですが、前回おつきあいした彼とも私、同棲していました。好きな人ができたら、「ずっとそばにいたい」「一緒に暮らしたい」と思うのは自然な気持ちですし、私は付き合うとすぐに同棲したくなるタイプだったのですが、前回はそれが、最終的にとても辛い別れにつながってしまいました。

私にも相手にも、問題があったのだと思うのですが、恋愛って依存しあったり、甘え合いすぎても、うまくいかないものですよね。

このお話はまたどこかですることもあると思うのですが、とにかく私としては、ノアと出会う前から、「次にお付き合いする人が現れたら、ある程度距離を持って付き合おう」というのは、心に決めていたことでした。イメージは、暮らす場所は別々にして、お互いに自分の時間を持って……みたいな感じ。

だから、『テラスハウス』を卒業してノアと付き合いだしてからの一年は、ひとり暮らしの彼の家に、私がちょこちょこお邪魔するという形をとっていて、私はそれで満足していました。

それが、今年の春先ごろかな? ノアの方から「そろそろ1年になるし、同棲したい。同棲しない? 」って言ってきたのです。

実は、それまでの付き合いの中でも、彼はちょこちょこ「一緒に暮らしたい」と言ってはいたのですが、その度に私は「うーん」と、話をはぐらかしていました。

でも、面と向かって言われてしまったので、これはきちんと話さなきゃなと思いました。

1/3ページ

最終更新:9/11(水) 13:46
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事