ここから本文です

リピーターも満足 2019年「絶対泊まるべき温泉宿」10選――2019上半期BEST5

8/10(土) 11:00配信

文春オンライン

2019年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。トラベル部門の第2位は、こちら!(初公開日 2019年1月26日)。

【写真】この記事の画像(7枚)を見る

*  *  *

 2019年は日本の温泉宿の在り方を模索する年になるだろう。それは、四方八方に広がる道の交差点のようであり答えはひとつではない。そんなホットな現場へと、ぜひ足を運んでみていただきたい。

 ひとつの流れは原点回帰。ホンモノであり続けることが強みになる。海外からの旅行客の影響もあるのではないだろうか。単に日本へ旅してみたいという旅行客がすでに一巡し、“初めての日本”ではなく、もっと深い、もっと奥の“その先の日本”を求める「日本リピーター」が急増しているからだ。

 そこで、日本各地の温泉宿の出番がやってきた。箱根ではなく、東北の秘湯へ。京都ではなく、広島の宮島へ。と、さらに深い日本の魅力を求めて海外ゲストの大移動が始まっている。世界から注目を浴びれば、日本は日本であることを、さらに磨かなければならなくなるのは必然だ。世界から称賛される場所は、結局、日本人にも愛されるホンモノの場所なのである。

 近年、日常において、日本の文化や礼節を重んじることや、四季を愛でる喜びを感じることが少なくなってきているように思う。特に都会で生活をしていればなおさらである。実は、それらを体感できる場所は日本の温泉旅館ではないだろうか。

日本人の心の真髄に触れる

 歴史を重ねる老舗旅館の底力はすごい。広島県・宮島温泉「岩惣」は、伝統を守る純日本風の旅館というだけでなく、自然そのものを神として信仰してきた日本人の心の真髄に触れる旅をすることを可能にする。宮島といえば嚴島神社と思ったら、それはほんの入口にすぎない。そのことを私に知らしめたのは、「弥山(みせん)にはもう、登られましたか?」という女将の一言だった。紅葉谷駅からロープウエーに乗り徒歩で霊峰弥山へ登り霊山詣をしてみる。日本三景の真価は頂上からの眺めにあり、弥山の頂へ登らずして宮島の風景を見たとは言えないのである。冬は牡蠣が美味しさを増す。この宿の焼き牡蠣は絶品だ。

 群馬県・法師温泉「長寿館」は、1200年以上も前から変わらずにこんこんと湧く自然湧出の温泉に、日本の芸術ともいうべき登録有形文化財の美しい湯殿で入ることができる。ぷくりぷくりと湯船の底から湧き上がる温泉の囁きを聴きながら静寂の時を楽しめる。

 静岡県・修善寺温泉「あさば」は、凜とした日本の美学を感じさせる。夏に訪れた時には、ロビーに氷が生けてあった。つる草の青葉を纏った氷柱は、数時間で消えてしまう儚い旬だ。季節だけのご馳走をしみじみと味わう料理は気が遠くなるほど素晴らしい。ここには新しさもある。ゲストが寛ぐサロンには、日本文化の古書が並び、クラシックを聴きながらコーヒーを飲み、デザイナーズチェアに腰かけて能舞台を眺める。このさじ加減が絶妙だ。

1/2ページ

最終更新:8/10(土) 11:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事