ここから本文です

そのダイヴァーは海の生物を「愛ある眼差し」で見つめ、命の躍動感に溢れる水中写真を生み出した

8/11(日) 15:10配信

WIRED.jp

黒と白の濃淡で美しく浮かび上がるクラゲやサメ、ウミガメたち──。威厳に満ちた海の雰囲気と躍動感に溢れる生き物たちの姿が、美しいコントラストをもって精巧に写し出されたその写真集には、フォトグラファーの海への深い愛情が込められている。

海の織りなす美しさから伝えたいこと

クリスチャン・ヴィズルの水中写真への情熱は、彼に文字通り“授けられた”ものだと言っていいかもしれない。

中米にあるベリーズの美しいサンゴ礁を10年前に訪れていたときのことだ。潜水中に仲間のダイヴァーが、いきなりヴィデオカメラをヴィズルに渡して泳いでいってしまった。最初は「数秒だけ持っていて」という意味かと思ったというが、その数秒は数分になった。酸素ボンベの空気に頼っているときの数分は貴重である。

そこで、ヴィズルはカメラの電源を入れて録画ボタンを押し、白い砂地で休んでいた数匹のサメにレンズを向けてみた。「このとき初めてカメラのパワーを感じたのです。本当に夢中になりました」

それ以来、ヴィズルがカメラを持たずに海に入ることはほとんどない。カメラは彼にとって、水面下で遭遇するさまざまな生き物に対する畏敬の念を共有するための道具なのだ。

鏡に映る自分の姿を認識できる利口なマンタ、ピアノほどの重さがある巨大魚ゴリアテ・グルーパー、時速40マイル(約64km)の速さで泳ぐマコザメ。こうした生き物たちが、ヴィズルの写真集『Silent Kingdom: A World Beneath the Waves』の主役だ。

「海に入ることは、愛情と深く関係しています。海への愛であり、海の生き物たちへの愛なのです」と、ヴィズルは語る。「写真を撮ることも、また愛情と深く関係があります。周囲で目にする自然や美とつながる方法なのです」

潜るのは「写真を撮る」ためではない

こうした愛情は、子どものころに住んでいたメキシコシティから南へ2~3時間のところにあるゲレーロ州の海で、家族とともに幾度となく休暇を過ごした経験から育まれたと、ヴィズルは考えている。

ヴィズルは22歳でダイヴィングを習った。1994年のことだ。いつでもダイヴィングできるようにしたいと思った彼はインストラクターになり、そのうちメキシコ湾やカリブ海、インド洋、南シナ海まで出かけていって潜るようになった。ただ海を愛するがゆえに、気の遠くなるような長い時間を海の中で過ごした経験が、いまとなっては写真家としての姿勢にも現れている。

「写真を撮るために潜るのではありません。こうした生き物たちの存在を楽しむことが目的なのです」

だからと言って、撮影の準備をおろそかにしているわけではない。ヴィズルは船で50マイル(約80km)沖合まで行ったあと、アクアティカのハウジングに入れたニコンのデジタル一眼レフカメラを持って海に入る。フラッシュをときどき2個付けることがあり、これを大きなメカニカルアームでカメラにとり付けると、まるでクモのようなロボットに見える。

1時間のダイヴィングで、最大1,000枚の写真を撮ることができるという。だが、海に入って最初のうちは、装備のことは考えないようにしている。生き物とつながりをもつためだ。あとずさりしたり呼吸が荒くなったりといったストレスの兆候が生き物たちにないか、慎重に観察する。生き物たちがヴィズルの存在に慣れてきたら、そっと近づいていく。

そうこうしているうちに、タコが脚に巻き付いてくるかもしれないし、オオメジロザメが腕に触れるかもしれない。アシカが横を泳ぎ、顔から数インチのところまで近づいてくることもあるだろう。

1/2ページ

最終更新:8/11(日) 15:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事