ここから本文です

黒田福美、反日に踏みつぶされても諦めない!「朝鮮人特攻隊員の無念」を弔う理由

8/11(日) 21:00配信

週刊女性PRIME

 韓国の首都ソウルから南へ40キロに位置する龍仁市、そこに法輪寺という美しい寺がある。この境内の一角に、太平洋戦争当時、朝鮮人でありながら日本兵あるいは日本軍属として戦死した人々を弔う『帰郷祈願碑』がある。石碑ならば普通建っていそうなものだが、ある事情から横たえられた姿で安置されている。

【写真】建てられた祈願碑と、執拗な抗議で半分埋められた祈願碑ほか

韓国通で知韓派の女優

 2018年10月17日。寺では「重陽節法要」が行われていた。

「重陽節」とは、旧暦の9月9日に行う節句。韓国では、「非業の死」を遂げた方をお祀りする意味があるという。

 法輪寺本堂で日本人と韓国人の参加者たちを前にひとりの日本人女性が、流暢な韓国語、そして日本語で挨拶をした。女優の黒田福美(63)である。

「みなさん、こんにちは。『帰郷祈願碑』を法輪寺に安置してから10回目の法要を迎えました。そしてまた、新しいスタートが始まります」

 黒田といえば、韓国通で知韓派の女優として知られる。

 彼女はあることがきっかけで、この祈願碑の建立を思い立ち、数々の試練を乗り越えて現在に至っている。

「長年、韓国と付き合い、よく知っているつもりだったから、みんなが危惧するような失敗はしないと思ってました。きっとうまくやれるとね。ところが、とんだ大間違いでした」

*   *   *

 韓国に詳しい黒田は、よく「在日」だと思われるらしい。

「ネットで私の名前を検索すると“帰化”とか“在日”と出るみたい。確かに、“福美”という名前は韓国にもあるし。でも、父方の祖父は江戸指物師で、母は鉄道員の娘でした」

 子どものころから歴史は好きだったのかと尋ねると、「とんでもない」と笑った。

「小学校のときから社会は3ですよ。小6からずっと演劇部でした。きっと、ひとりっ子だったから、みんなとお遊戯みたいなことをするのが楽しかったんでしょうね」

 都立豊多摩高校に通う同級生だった白井裕子さん(62)が言う。

「クロ(黒田)は、ミニスカートで机に座っちゃうような子でした。美人だと思うより先に、ハキハキ喋る元気で活発な人という印象でしたね。理不尽なことが許せないまっすぐな性格でした」

1/9ページ

最終更新:8/14(水) 14:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事