ここから本文です

リーダーがしてはいけない、人に嫌がられる行動10選

8/11(日) 13:00配信

Forbes JAPAN

仕事で難しいことは業務自体ではなく、人かもしれない。成功を収める人は、他者との協働の仕方を理解していて、対面でも電子的なコミュニケーションでも人をいらつかせるような行動を避けるものだ。

リーダーは、どんなに小さな行動であっても、人の認識や考え、パフォーマンスに影響を与える得ることに気づいている。ここでは、人に嫌がられるかもしれない10の習慣を紹介する。こうした行動を取っていると、成功できないかもしれない。

1. 人と話すときや廊下を歩くときに携帯電話を見る

同僚よりもスマートフォンに関心を向けることは“スマート”ではない。リーダーは他者の物理的な存在に気を配り、目を合わせるのを避けようとしない。リーダーは、電子的なコミュニケーションには後で対応できることを知っているのだ。

2. 携帯電話をマナーモードにせず、音が頻繁に鳴る

音は、特に継続的に鳴っている場合、人をいらつかせてしまうかもしれない。自分が重要だ、忙しい、必要とされているということをアピールするため携帯電話から多くの音を鳴らさないこと。この戦略はうまく行かない。また、ヘッドフォンから漏れた音を他者が聞かずに済むよう、音楽の音量は下げておくこと。誰もがあなたと同じ音楽を好むわけではないし、背景で音楽が鳴っている状態で働けない人もいる。

3. ペンをカチカチ鳴らしたり足踏みしたりする

リーダーは、神経質になったり不安になったりしてもそれを表に出さないものだ。特に会議中は、筆記具や足で音を出すのを避けること。

4. 自分がどれほど忙しいかについて話す

リーダーは、自分の仕事がいつまでたっても終わらないことを知っている。また、誰しも忙しいものだ。自分の忙しさ自慢をする代わりに、今取り組んでいるプロジェクトについて話し、あなたが達成したことについて最新情報を共有する機会として活用すること。

5. 到着時間や招待への返事が遅れる

リーダーは、他者の状況を自分が左右することを認識している。周囲の人は計画を立てる必要があるのに、リーダーが遅れてしまえば計画に支障が出る。会議依頼にはすぐに返信し、時間通りに出席しよう。会議の開始時間にはその場にいること。責任感がない人と思われないように。リーダーは頼れる人なのだ。

6. エレベーターのマナーを守らない

リーダーは礼儀正しく親切で、自分の周囲を意識している。他者に親切になろう。エレベーターに乗っている人が出終わるまで自分は中に入らず、他者のためにドアを押さえておく。こうしたシンプルな行動を人は評価する。

1/2ページ

最終更新:8/11(日) 13:00
Forbes JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事