ここから本文です

武豊とルメール、尊敬しあう間柄。「ユタカさんはずっと憧れの先輩」【2019年上半期 競馬部門1位】

8/11(日) 20:01配信

Number Web

2019年上半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。
競馬部門の第1位はこちら! (初公開日:2019年3月1日)

【潜入写真】物凄い外厩。ノーザンファーム天栄の設備がエグい。

 2月17日に行われたフェブラリーS(GI)。今年、最初のJRAのGIレースを制したのは武豊騎手だった。この週を終え、勝利数は24でトップ。2位が昨年のリーディングジョッキーであるクリストフ・ルメール騎手で21勝だった。

 その翌週、2月23、24日にルメール騎手は5勝の固め打ち。勝利数を26として武豊騎手を逆転。トップに立った。一方、この週の武豊騎手は土曜日の1レースを勝利して25勝としたがその後はなかなか勝てず。しかし、日曜日の最終12レースを優勝し、26勝目。先に26勝目を挙げていたルメール騎手に追いついてみせた。

 これで2月までのJRAの開催は全て終了し、2着の差でルメール騎手が僅かにリーディングのトップという事になった。

2人が交わした面白い会話。

 昨年の暮れ、2人の間で面白い会話が交わされた時、私は偶然、その場に居合わせた。

 12月16日の話だ。この日の阪神競馬場、最終レースの妙見山特別でルメール騎手が騎乗したのは1番人気のイシュトヴァーン。同じレースで武豊騎手は2番人気のメイショウサチシオに乗っていた。

 ゴール前200mで、先に先頭に躍り出たのは武豊騎手のメイショウサチシオ。しかし、次の瞬間、ルメール騎手のイシュトヴァーンが外から並びかけにくる。そしてそのままあっさりかわすと、人気に応え、先頭でゴールを駆け抜けてみせた。

 面白いシーンに遭遇したのはこのレースの後の事だ。顔についたダートを洗面所で落とした2人はこう言葉を交わした。

 先に武豊騎手が「あと何勝?」と問うと、ルメール騎手が「7勝です」と答えた。

 イシュトヴァーンでの勝利がルメール騎手にとって2018年の205勝目。武豊騎手の持つJRA年間最多勝記録まであと7つに迫る勝ち鞍だったのだ。

1/3ページ

最終更新:8/11(日) 20:36
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

984号
8月8日発売

特別定価620円(税込)

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。

【スペシャルインタビュー】 吉田輝星「金農旋風のど真ん中で」
【密着ドキュメント】 佐々木朗希「2つの大船渡旋風」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事