ここから本文です

岡本和真よ、落合のような真の四番打者になれ!【堀内恒夫の多事正論】

8/12(月) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

8月4日現在、打率.258、18本塁打、57打点となかなか調子が上がらない岡本/写真=高原由佳

 一寸先は闇。天国から地獄。まさに波瀾万丈のペナントレースですな。一時は2位以下を10ゲーム以上引き離して、優勝へ独走状態だった巨人が一気に失速した。まあ、例えば6連戦で6連敗しているうちにライバルチームが6連勝すれば、6ゲーム縮まる。現実にそれに近いことが起きたのだから、当然と言えば当然なのだけど。

 今回は古巣・巨人の失速と、その原因について少し考えてみる。先発ローテーションの谷間に投げさせた古川侑利やヤングマンが序盤に大量失点するなど、先発投手が責任を果たせない。大黒柱の菅野智之にも昨年までのような安定感がない。開幕前から不安視されていながら、ここまで予想外に踏ん張りを見せてきた中継ぎ陣にも疲れが見える。大事な局面でマシソン、田口麗斗らが打たれて試合を落とした。と、ここまで書くと、失速の原因は投手陣にありそうだ。しかし……。

 打線に問題はないのだろうか。ある。岡本和真がどうにも気になる。打率が思うように上がってこない。チャンスに凡打して流れを止めることも多く、7月27日の阪神戦(東京ドーム)ではついに四番から七番に降格させられた。昨年の、あの豪快なバッティングはどこへ行ってしまったのだろうか。

 意外と思われるかもしれないが・・・ 本文:1,257文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:8/12(月) 11:09
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る