ここから本文です

ヤクルト・村上宗隆 10代のキングへ/タイトル争い参戦中!

8/12(月) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 高卒2年目の若き大砲が、堂々とタイトル争いを繰り広げている。村上宗隆だ。8月11日現在でチーム唯一全107試合に出場し、打率は.227だが、24本塁打はチーム2位。そして何よりもリーグ3位の76打点が目を引く。弱冠19歳で、実績豊富な猛者たちと肩を並べて打点王を争っている。

「クリーンアップを打っているので、打点は気にしていますね。前のバッターの方が打ってくれて、チャンスで回ってきているからこそ、打点がアップすると思う。打点はこれからも意識していきたいと思います」

 多くの経験値を蓄えている。3月に行われた日本対メキシコの強化試合では、自身初の日本代表、侍ジャパン入り。7月のマイナビオールスターゲーム2019では、10代の三塁手としては初めてファン投票で選ばれた。甲子園で行われた第2戦では、2安打をマーク。10代での複数安打は1987年の西武・清原和博以来、32年ぶり。全セでは63年の巨人・柴田勲以来、56年ぶりの快挙だった。

 好機で打席が回ってきても「いつもと変わらない」と平常心を貫く。むしろ「毎打席集中してやっているので」とさまざまな舞台での経験と、普段から持つ高い意識が勝負強い打撃を生む要因となっている。「まだまだ変わっていけると、自分自身を信じてやっていきたい。チームに貢献できるように頑張りたい」と村上。これからも打点で勝利に貢献し、キングの座をつかみにいく。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:8/12(月) 12:02
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事