ここから本文です

「Pathologic 2」は演劇という古典的な手法によって、プレイヤーを独特の“舞台”に導く:ゲームレヴュー

8/12(月) 13:10配信

WIRED.jp

2019年5月にリリースされたゲーム「Pathologic 2」は、疫病にむしばまれた町を舞台としたサヴァイヴァルスリラーだ。そこでは、戦い抜く町とは別の“舞台”が常について回る──。劇場やスポットライトといった古典的な演劇の要素を取り入れ、ゲームの世界とリアリティが交錯する感覚を生み出した、異彩を放つ作品をレヴューした。

古典的だが、効果的な手法とは?

サヴァイヴァルスリラーのゲーム「Pathologic 2」のオープニングでは、殺風景な薄暗い部屋で目覚める。明かりに導かれるままに進んでいくと、舞台の上に出る。ショーに迎え入れるのは意地の悪そうな舞台監督と、悲劇の仮面をつけた黒衣たちだ。役者であり、スターであり、大勢のなかのひとりでもある自分がいた。そこからゲームは幕を開ける。舞台を降りると、そこでは人々が死にかけている。

Pathologic 2は、カルト的な人気を誇るロシア発の疫病シミュレーションゲームの名作「Pathologic」をリメイクした続編だ。2005年にリリースされたPathologicは、デヴェロッパーのIce-Pick Lodgeによって手がけられた難解で無慈悲な作品として知られる。疫病にむしばまれた町を舞台に、プレイヤーが疫病や社会不安、そして自らの空腹と絶えず戦い続けるナラティヴ主導のアドヴェンチャーだ。

Pathologic 2も、その筋書きに変わりはない。本作がリリースされて以来、過酷で異様な雰囲気を醸し出すこの12日間のシナリオをプレイしながら、自分やほかのキャラクターを救うためにかなりの時間を費やしてきた。

しかし、Pathologic 2をプレイしていて本当に印象に残るのは、その難易度の高さではない。その演出だ。演劇的な要素を用いた演出そのものと、こうした演出がこの手のゲームにどれだけの効果をもたらし得るかに感心させられる。

離れることのない「劇場」

劇場から出てゲームの世界に足を踏み入れ、おそらく絶望的な運命をたどるであろう名もなき町を歩き始めてからも、劇場はついて回る。

主人公が命を落とすたびに舞台に引き戻され、舞台監督や黒衣との会話から舞台裏の世界を垣間見ることになる。ときにはリアリティが崩壊してスポットライトが出現し、行くべき場所へと導いたり、向かうべき対象や危険なものに視線を促したりする。

また、「トラジディアン」と呼ばれる悲劇の仮面をつけた黒衣たちが、ところどころで姿を現しては何かを示唆したり知恵を与えてくれたりする。一度は12日間の序盤における重大な局面で、トラジディアンたちが町のあちこちに現れ、フェンスや街灯、低い屋根の上に立ち、進むべき方向を無言で指さして導いてくれた。そういったことがないときには、ただ背景にたたずんで見守っている。

こうした細かなタッチを加えたことにより、Pathologic 2は劇中にいるような感覚を生み出している。事実、ゲームとはデヴェロッパーたちによってつくられた舞台とシナリオを用いて、プレイヤーが唯一の観客である自分自身のためにたったひとりで演じる劇なのだ。

そして、このゲームの演劇のような演出においてとりわけ印象的なのは、ゲームプレイにおける第四の壁(ゲームの世界と現実世界を概念上隔てている見えない壁)を破るために、ゲームに本来なら備わっている演劇的な側面を際立たせるという意図的な選択が、極めて効果的に機能していることだ。

こうした演劇的な要素によって、超現実的な雰囲気がもたらされ、ゲームとして異彩を放つ作品に仕上げられている。単なるチュートリアルや先に進むためのヒントでさえも、巧妙で独創的なものであるように感じさせるのだ。

1/2ページ

最終更新:8/12(月) 13:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事