ここから本文です

事故をゼロにしてくれる神装備じゃない! 運転者が認識すべき「自動ブレーキ」が作動しないケースとは

8/12(月) 11:40配信

WEB CARTOP

日産インテリジェントエマージェンシーブレーキシステム

 もう一社、日産の「インテリジェントエマージェンシーブレーキシステム」が作動しないケースもみてみよう。

 日産のインテリジェントエマージェンシーブレーキは、少しややこしく、ほとんどの車種はマルチセンシングフロントカメラ方式で、キャラバンとフーガ、スカイラインのV6ターボ車はミリ派レーダー式、そしてスカラインのハイブリッド車のみ、ミリ波レーダーとカメラの併用となっている。

 まず主力のマルチセンシングフロントカメラ方式でいえば、

・車速約10km/h~80km/hの範囲で作動し、車速約60km/h以上では、歩行者に対しては作動しない。

・アクセルペダルを強く踏み込んだときと、ハンドルを大きく、または素早くきったときは、システムによるブレーキの作動が解除される。

・前方車両と自車の速度の差が小さいときは作動しない。

 また以下の場合は、一時的に作動しない。

・フロントガラスの汚れなどにより、カメラが前方を認識できなくなったとき

・前方からの強い光により、 カメラが前方を認識できなくなったとき

・炎天下に駐車したときなど、カメラが高温になったとき
(室内の温度が下がると、自動的に作動を復帰)

 そして、インテリジェント エマージェンシーブレーキの設定をOFFにしたときと、VDCをOFFにしたときも、作動しなくなる。

 残念ながら、ミリ波レーダー式のスカイラインV6ターボは、対クルマに対しては作動するが、前方の歩行者は検知ができない。その代わり、悪天候にも強く、車間距離が広く、速度域が高くても前走車との距離や相対速度を検知できるのが長所。

 また日産の広報部に使用上の注意点を伺うと、「インテリジェントエマージェンシーブレーキはドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、衝突回避の支援や衝突時の被害を軽減することを目的としています。運転時には、前方車両との車間距離を適切に保ち、常に安全運転を心がけてください。」とのことだった。

2/3ページ

最終更新:8/12(月) 19:20
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事