ここから本文です

カルバン・クラインで腹筋を披露したショーン・メンデス ― 音楽界の王子12の真実

8/12(月) 23:20配信

エスクァイア

ハリポタ女優への愛の告白や、激しく後悔していること、クレイジーなファンの行動などを徹底調査しました。

【写真】意外にも、グラミー賞を受賞していないレジェンド25組

 ポップ界のボーイ・ネクスト・ドアであり王子様として君臨する、カナダ人シンガーのショーン・メンデス(Shawn Mendes)。

 美声を武器に14歳でYouTubeスターになり人気を獲得し、影響力のあるアイコンとなった彼が2019年8月8日で21歳になりました。バースデーを記念して彼にまつわるちょっぴり意外なトリビアをお届けしましょう。

【1】ポルトガル人と英国人のDNAを継ぐ

 飲食関係で働くポルトガル人ビジネスマンの父マヌエルと、不動産業に従事する英国人の母カレンのもと、カナダ・トロントに生まれたショーン。フルネームは、ショーン・ピーター・ラウル・メンデス。アリーヤという名の妹がいます。

 父の母国ポルトガルでバカンスを満喫中、ストリートで歌を披露したのが最初のパフォーマンスのひとつで、「歌手になりたいなら、このくらいやらなきゃ!」と、自身を奮い立たせたのだとか。

【2】ギターはYouTubeでマスター

 最初はレッスンに通ったそうですが途中で辞め、13歳から自宅でYouTubeのチュートリアルを見てギター演奏を覚えたというショーン。

 ほかに楽器はピアノも得意で、17歳頃から独学で覚えたらしく「ピアノはギターより覚えるのがかなりラクだったよ」と語っています。なお、ギターは現在40本近く所有しているのだそうです。

【3】食べ物の好き嫌いは?

マフィンが大好物で、トマトが苦手だそう。

【4】ハリポタ女優に愛を告白

『ハリー・ポッター』シリーズが大好きだと言うショーン。

 幼い頃は呪文をノートにたくさん書いていたらしく、ハーマイオニーを演じている大好きなエマ・ワトソンに会えた時は、感激のあまり汗をかいたそうですが「クールに振る舞えたと思う」と振り返っています。

 なんと2016年には、ツイッターでエマに「I love you」と告白(!?)までしているのです。

【5】いじめを経験したことも

 学生時代は、YouTubeに動画を投稿したことで年上の生徒からかわれたり、イベントに出席するため学校を休んでいたことでいじめにあっていたという過去があるです。

 現在は、ネットいじめ根絶を目指して様々なところで呼びかけています。

1/3ページ

最終更新:8/12(月) 23:20
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事