ここから本文です

写真家バロン・ウォールマンが捉えた、60年代ロッカーの姿

8/12(月) 15:00配信

Rolling Stone Japan

1960年代、米ローリングストーン誌で活躍したフォトグラファー、バロン・ウォールマン。当時のアイコニックなロッカーの姿を振り返る。

写真7点:写真家バロン・ウォールマンが捉えた、60年代ロッカーの姿

フォトグラファーとしての経験は十分か?

1968年、米カリフォルニア州サンフランシスコのライブハウス、フィルモア・ウエストで撮られたジミ・ヘンドリックスのこの写真をウォールマンは「決定的瞬間」と呼ぶ。「フィルモア・ウエストでの2公演にわたってジミ・ヘンドリックスの写真を撮ったことで、コンサート写真について多くを学んだ」とウォールマンは言う。「最高のコンサート写真というものは、被写体が偉大なミュージシャンであるだけでなく、エンターテイナーでなければ撮れないことに気づき始めていた。ヘンドリックスはまさに完璧なエンターテイナーだった」この写真を撮影した夜、ウォールマンのなかで何かが変わった。「私はバンドと完璧に調和していた。自分がバンドの一員だと思えるくらい。本当に魔法みたいなことが実現したんだ」とウォールマンは言った。


ブロークダウン・パレス

1967年、麻薬捜索のあとでグレイトフル・デッドのメンバーがサンフランシスコの自宅の外で渋々ながらポーズをとっている。「ちくしょう、あそこから生きて出られただけでもラッキーだった」とウォールマンは振り返る。「彼らは私に向かって中指を立て、銃を向けながらものすごく楽しそうだった。ポーチに集まってもらうのに苦労したよ。彼らは『お前は誰だ? どこから来た?』と言った。だから『ローリングストーン誌だ』と答えた。すると『ローリングストーンって何だ?』という答えが返ってきた。当時はまだ、創刊号さえ発行していなかったから」 。

No.3~No.4

リップ・イット・アップ

1967年にテレビ番組に出演した時のリトル・リチャード。その頃、ロックンロールの革新者はカムバックへの道を歩んでいた。「本当にワイルドだった」とウォールマンはパフォーマンスを振り返った。「目の前の光景が信じられなかった。」

ロッドとヒッピーの出会い

1968年、サンフランシスコのフィルモア・ウエストのステージ前方に立つジェフ・ベック・グループのロッド・スチュワート。「コンサートフォトグラファーにとって大切なのは、演奏をしている被写体が音楽以上のパフォーマンスをすることだ」とウォールマンは言う。「パフォーマンスを行えば行うほど、いい絵が撮れる。」ウォールマンは、ここに写っているスチュワートの印象的なポーズを指摘する。「音楽とは無関係のことをしているけど、それがまたとてつもなく笑えるんだ。だって、どうしてシンガーがステージの上でしゃがみ込んでるんだ? 地元のバンドは絶対にこんなスカーフを巻いたり、革靴を履いたりしない。サンフランシスコ・ベイエリアのバンドのほとんどはヒッピーで、レザーのフリンジなんかを身につけていた。」

1/2ページ

最終更新:8/12(月) 15:00
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事