ここから本文です

【J1採点&寸評】C大阪1-2鳥栖|終了間際の大逆転!! C大阪の選手・監督を脱帽させた鳥栖の殊勲者は…

8/12(月) 9:49配信

SOCCER DIGEST Web

鳥栖――スーパーセーブ連発が結果的に逆転勝利を呼び込む

【チーム採点・寸評】
鳥栖 6.5
敗色濃厚だった試合を土壇場でひっくり返し、5試合ぶりの白星を飾った。同点弾を奪ったのが特別指定選手に登録されたばかりの林で、逆転弾を演出したのも出場2試合目のチアゴ・アウベス。今夏の新戦力が勝利に貢献し、16位に浮上した。
 
【鳥栖|採点・寸評】 
GK
18 高丘陽平 7
スーパーセーブを連発したことが結果的に逆転勝利を呼んだ。C大阪の指揮官や選手も脱帽。
 
DF
13 小林祐三 6
33分には正確な右クロスをF・トーレスに供給。守備では我慢を続け最少失点で切り抜けた。
 
15 パク・ジョンス 6
途中加入から4試合連続でフル出場。C大阪の2トップの対応には最後まで苦しめられた。
 
36 高橋秀人 6
後半は相手の攻撃に手を焼きながらも、56分など体を投げ出して決定機を防ぐ場面もあった。
 
2 三丸 拡 5.5
攻撃時には高い位置でポジション取り。だが、決定機につながるようなクロスの供給はなかった。
 
MF
25 アン・ヨンウ 6(60分OUT)
カットインや縦への突破など、積極的な仕掛けは光った。60分に無念の途中交代。
 
41 松岡大起 5.5(82分OUT)
攻守で存在感が薄かった印象は否めない。インパクトを残せないまま82分に途中交代。

鳥栖――積極的な交代策が勝利につながる

MF
4 原川 力 6
開始早々には突破を図るなど積極性が垣間見えた。直接FKによるゴールはならず。
 
7 クエンカ 6
左サイドから仕掛け続けた。安易なボールロストもあったが、積極性とゴールへの意欲は光った。
 
FW
39 金森健志 5.5
裏への飛び出しでボールを引き出す場面もあったが、39分には迎えた決定機は仕留められず。
 
9 フェルナンド・トーレス 5.5(74分OUT)
シュート2本を放つも不発。引退が迫り、交代時には両チームサポーターからの拍手が起きた。
交代出場
FW
27 チアゴ・アウベス 6.5(60分IN)
タメを作り、かつ仕掛けるプレーで逆転弾をアシスト。F・トーレスも働きぶりを称賛した。
 
FW
31 林 大地 6.5(74分IN)
特別指定選手として登録されたばかりながら、デビュー戦で大仕事。気後れはなかった。
 
FW
11 豊田陽平 6.5(82分IN)
途中出場によるゴールは2試合連続。最後の最後に迎えた決定機に左足で冷静なシュートを放った。
 
監督
金 明輝 6.5
これまで未出場だった林を躊躇なく途中起用するなど、積極的な交代策が逆転勝利につながった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

2/2ページ

最終更新:8/12(月) 9:49
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事