ここから本文です

病室で伝えられたデビュー 「SixTONES」「Snow Man」発表会見にジャニー氏との絆にじむ

8/12(月) 16:45配信

ザテレビジョン

ジャニーズJr.ユニット「SixTONES」「Snow Man」が2組同時にCDデビューすることが8月8日の「ジャニーズJr8・8祭り~東京ドームから始まる~」内で発表された。2グループが同時にデビューするのはジャニーズ史上初となる。会見では、7月9日に亡くなったジャニー喜多川氏とメンバーとの絆が随所ににじんだ。

喜びの表情で会場入りするSixTONES田中樹ら

■ サプライズ発表にファン大歓声!

この日、同イベントには総勢330人の東西ジャニーズJr.が出演し、スケールの大きなパフォーマンスを展開した。ジャニーズJr.が単独で東京ドーム公演を行ったのは、現ジャニーズアイランド社長・滝沢秀明氏も出演していた2000年10月の公演以来19年ぶりのこと。

そしてイベント中盤、SisTONESジェシーの「皆さんに伝えることがあります」の一言をきっかけに、SixTONESとSnow Manの2020年同時CDデビューがサプライズで伝えられると、5万5000人の観客からは大歓声が沸き起こった。

SixTONESはジェシー、京本大我(きょうもと・たいが)、松村北斗(まつむら・ほくと)、高地優吾(こうち・ゆうご※「高」は正しくは「はしごだか」)、森本慎太郎(もりもと・しんたろう)、田中樹(たなか・じゅり)による6人組グループ。ドラマ「私立バカレア高校」(2012年、日本テレビ系)に出演したメンバーで2015年に結成され、昨年公開された滝沢プロデュースのオリジナル曲「JAPONICA STYLE」ミュージックビデオはすでに900万回視聴を超える注目を集めている。

Snow Manは岩本照(いわもと・ひかる)、深澤辰哉(ふかざわ・たつや)、渡辺翔太(わたなべ・しょうた)、阿部亮平(あべ・りょうへい)、宮舘涼太(みやだてりょうた)、佐久間大介(さくまだいすけ)の6人に、今年1月向井康二(むかい・こうじ)、目黒蓮(めぐろれん)、ラウールが加わり9人組となった。今年2月の舞台「滝沢歌舞伎ZERO」で初主演を務めた注目株だ。

SixTONESはソニー・ミュージックレーベルズから、Snow Manはエイベックス・エンタテインメントから、それぞれ2020年にデビューする。SixTONESは北米、Snow Manはアジア地域での活動も視野に活動していく。手始めにSixTONESが全国ツアーを、Snow Manがアジアツアーを行うこともこの日発表された。

■ 病室で伝えられたデビュー

CDデビューは、6月16日にジャニー喜多川氏と滝沢氏との話し合いで決定した。ジャニー氏が緊急搬送される2日前のことだ。そして6月28日、意識不明で入院中だったジャニー氏の病室に2組が呼ばれ、“恩師”の枕元で同時デビューが伝えられたという。

イベント後に行われた会見では、ジェシーが「(CDデビューは)ジャニーさんの病室で、滝沢くんから聞きました。全員そろって…。ジャニーさんは危険な状態が続いていたので、28日に急きょ集まって、ジャニーさんがいる空間でしっかり話をしました」と振り返った。

2組同時デビューはジャニーズ事務所にとっても初の試み。メンバーは、ライブ中のサプライズ発表という形になったことを「ファンの皆さんに最初に伝えられたことが嬉しかった」(阿部)と振り返り、岩本は「SixTONESとSnow Manで切磋琢磨しながら、これからたくさんの“初”を奪いに飛び立って、ジャニーさんや滝沢くんに恩返ししたいです」と決意表明した。

■ ジャニー氏サプライズ登場にメンバー「鳥肌立った!」

また、会見では1階スタンドホーム側に設けられた出演者用モニターに“本番だけ”サプライズでジャニー氏の映像が流れたことも判明。ほとんどのメンバーは、出演者向けのモニターにしかジャニー氏の映像が流れていないことを知らなかった様子で「え?え?そうなの!?」「鳥肌が立った!」とビックリ。「本当にジャニーさんが見てくれてるって思えるような演出だった」(佐久間)、「ジャニーさん(の映像)が急に現れて。ジャニーさんが見てくれている気持ちになってすごい感極まったというか、涙腺が…」(高地)などと口ぐちに語った。

デビューを「(ジャニーさんにも)喜んでもらえていると思う」「『YOUたち、ヤバいよ!』っていうジャニーさんの声が聞こえた」と語った15人。ジャニーさんとの思い出を聞かれると、目黒が「僕は普段『目黒!』とは呼ばれないで()山手線の隣の駅の)『恵比寿!』って呼ばれていました(笑)」とジャニーさんの茶目っ気たっぷりな一面を語り、会場を沸かせた。

今回デビューする15人のうち最年長は27歳の深澤と佐久間、最年少は16歳のラウール(いずれもSnow Man)。ラウールが緊張ぎみに「ジャニーズJr.には10代の子もいっぱいいる中で、僕が10代で一人デビューさせていただいた。その人たちの分まで気持ちを受け取って、放っていけたら」と決意を語ると、最年長の深澤が「頑張る、とおっしゃっています!」とすかさずフォローするなど、世代を超えた仲のよさも垣間見せた。

最後はSnow Manの岩本が「ジャニーズを知らない人たちの場所まで僕たちが行って、『ジャニーズっていうのはこういうものなんだぞ』っていうのを、笑顔をたくさんの人たちに届けにいきたい。両チームで切磋琢磨しながら、旋風を起こすチームになっていきたい」、SixTONESのジェシーが「行き止まりだった道がようやく歩けるようになったなという気持ち。外にもたくさんのライバルたちがいるので、その方たちにも負けないように発信していけたら」とそれぞれグループを代表して意気込みを語った。

(ザテレビジョン)

最終更新:8/12(月) 19:14
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事