ここから本文です

ライザップ、湘南の曺貴裁監督から職員へのパワハラ疑惑否定「事実とは異なる内容」 指揮官の続投希望

8/12(月) 17:11配信

Football ZONE web

湘南の経営権を持つライザップが声明文を発表 出向職員への“パワハラ”について説明

 J1湘南ベルマーレの経営権を取得するRIZAP(ライザップ)が12日、曹貴裁監督のパワーハラスメント疑惑について公式ホームページで声明文を発表した。「一部報道について」と題し、ライザップからクラブへの出向職員が曺貴裁監督にパワーハラスメントを受けたと報道された件を「事実とは異なる内容」と説明している。

【動画】「鳥肌たった」…日本代表MF原口元気も絶賛! 湘南MF山田直輝、角度のない位置から衝撃ジャンピングボレー弾の瞬間

 同日朝、クラブの公式サイトに「湘南ベルマーレの監督である曺貴裁がパワーハラスメント行為を行った疑惑があるという内容の記事が掲載されております。クラブとしましては、記事内容の詳細を確認し、Jリーグと協議の上で、報道された内容に関する事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と、緊急声明を掲載。これを受け、経営権を握るライザップもコメントを発表した。

「当社グループにおきましては、各種法令順守などを含めたコンプライアンス経営の強化を進めております。パワーハラスメント行為についても、『断じて行ってはいけない行為』であり、選手やスタッフ・従業員等は、このような行為から守られなければならない存在であると位置付けております」とし、「今回の記事内容については、湘南ベルマーレとの連携のもと、Jリーグと協議の上で、事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と、湘南同様、調査を進める方針を示した。

 また、今回の報道でライザップから出向したスタッフが“パワハラ”を受けたとされたことに触れ、「RIZAPより出向したスタッフが精神的に追い込まれチームを離れたという記載がありましたが、事実とは異なる内容となっております」と真っ向から否定。「RIZAPから湘南ベルマーレに対する支援体制は都度見直しを行っており、本年6月までRIZAPから湘南ベルマーレに出向していたスタッフ1名は、当社の研究開発方針に基づき、RIZAP Lab(ライザップ ラボ)の体制強化のためRIZAP株式会社に帰任しております」と現状を明かした。

1/2ページ

最終更新:8/12(月) 18:53
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事