ここから本文です

鎌田大地、フランクフルト初ゴール!長谷部誠とともにフル出場で逆転勝利に貢献

8/12(月) 0:26配信

フットボールチャンネル

【SVヴァルトホーフ 3-5 フランクフルト DFBポーカル1回戦】

 DFBポーカル1回戦、ドイツ3部のSVヴァルトホーフ対フランクフルトが現地時間11日に行われた。試合はFW鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトが5-3で勝利を収めた。

 鎌田は2トップの一角で、長谷部は3バックの一角でそれぞれ先発フル出場を果たした。鎌田はフランクフルトでの初ゴールを決めるなど積極的なプレーでチームに貢献している。長谷部はCBの真ん中でディフェン陣を引っ張るも、3点を奪われた。

 試合は意外な展開で幕開けとなる。SVヴァルトホーフがカウンターからシュートまで持ち込むと、最後はスレイマニがマイナスのボールを流し込み先制となった。なんとフランクフルトが格下相手にいきなり先制点を奪われた。続く11分にもスレイマニに決められ、フランクフルトは序盤に2点を失う。

 だが、鎌田が1点を奪う。21分、ヨヴェリッチのシュートが高く上がると、このこぼれ球を鎌田が押し込んだ。フランクフルトは早いうちに1点を返す。さらに、前半ATにコスティッチがゴールを決め、フランクフルトは前半のうちに振り出しに戻す。

 このまま勢いに乗りたいフランクフルトだったが、勝ち越しを許してしまう。72分、ビルドアップで長谷部がコスティッチにパスを送る。だが、コスティッチがこれをトラップミス。これを奪われ、最後はマルクスにゴールを決められ、勝ち越しを許した。
 
 だが、フランクフルトも意地を見せる。77分、右サイドを抜け出したドゥルムが中央にクロス。DFに当たるも、ファーサイドのレビッチに渡り、レビッチがダイレクトでゴールに沈めた。さらに81分と88分にレビッチが追加点を挙げ、フランクフルトが逆転に成功した。

 試合はこのまま終了し、フランクフルトが5-3で勝利。逆転で2回戦に駒を進めた。

【得点者】
3分 1-0 スレイマニ(SVヴァルトホーフ)
11分 2-0 スレイマニ(SVヴァルトホーフ)
21分 2-1 鎌田大地(フランクフルト)
45+1分 2-1 フィリップ・コスティッチ(フランクフルト)
72分 3-2 マルクス(SVヴァルトホーフ)
76分 3-3 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
81分 3-4 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
88分 3-5 アンテ・レビッチ(フランクフルト)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:8/12(月) 0:26
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事