ここから本文です

サンリオエンターテイメント新社長、キャラクタービジネスの可能性を追及「社会に必要とされる役割がある」

8/13(火) 7:10配信

コンフィデンス

 サンリオピューロランドの運営において集客をV字回復させた手腕でも知られる同館長の小巻亜矢氏が、サンリオエンターテイメントの代表取締役社長に就任した。従来のキャラクタービジネスの概念を覆したこれまでの改革とこれから向かう未来について聞いた。

【ランキング表】昨年順位なども含めた『2019年サンリオキャラクター大賞』結果

■追い風になっているソーシャルコミュニケーション

――ピューロランドの入場者数が伸び悩んでいた2014年、顧問として就任後、2016年には女性初の館長に就任。18年度の来場者数は90年の開館以来、過去最高となる219万人を記録しました。V字回復の裏には、大人をターゲットにした戦略があったそうですね。
【小巻亜矢】スタッフ全員の努力の結果としか言いようがないのですが、松竹様との『KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座の桃太郎~』やネルケプランニング様との『MEMORY BOYS~想い出を売る店~』など、他社とのコラボが後押しになったのは間違いないです。また、メインのファミリー層を大切にしながら、サンリオキャラクターと共に育ったF1層に向けて数々のイベントを打ち出してきました。ほかにも、閉館後のオバケンさんとの脱出ゲーム型お化け屋敷や、ハロウィーンの時期のオールナイトのクラブイベントなど、説明なしでピューロランドは子ども向けだけではないことが伝わるインパクトのあるコラボやイベントを続けていることも、集客につながっていると思います。

――SNSを活用した、F1層への独自のPRも奏功しているようですね。
【小巻亜矢】グッズ開発から館内レストランのメニュー、装飾に至るまでインスタ映えを意識し、拡散していただくことを重視しています。今はデジタルマーケティングの時代ですから、どの言葉が拡散し、どの画像が多くアップされているのかといった結果がデータですぐに返ってきます。それを反映しながら、ネガティブワードがあればすぐに改善も試みます。

――SNS上での来場者の反応を直接ご覧になることもあるのでしょうか?
【小巻亜矢】シーズンイベントを開催する際は、スタート時と開催中、終了後の3段階でデータをしっかり見ていくことを基本にしながら、その日のうちに確認できる反応もリサーチします。情報が早いのはツイッター、館内の反応がわかりやすいのはインスタです。ソーシャルコミュニケーション時代の今は、ピューロランドにとって追い風になっていることを実感しています。

――20年の五輪に向けてインバウンド需要の伸びが叫ばれるなか、海外からの集客も伸びているのでしょうか?
【小巻亜矢】全体の動員数の割合からみると、インバウンドのお客様は1割程度で推移しています。ここ数年の傾向としては、団体よりも個人でご来場いただく方が増えている状況です。顕著に変わったのは、地域の広がり。以前は圧倒的にアジアのお客様が多かったのですが、最近は欧米系の方もお見受けし、アメリカ、オーストラリア、ニュージランドあたりが増えています。本社の海外施策で、各地の旅行博にブース出展している効果が1つあると思います。アメリカに関しては、Netflixオリジナルアニメ『アグレッシブ烈子』と、ファミリードラマ『フラーハウス』の撮影地となったことなど、ネット上で話題になったことの影響が大きいと感じています。

1/3ページ

最終更新:8/13(火) 19:03
コンフィデンス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コンフィデンス

oricon ME

9/23・9/23号

5,040円(税込)

■表紙インタビュー
鈴木貴歩氏(ParadeAll代表取締役)
日本のエンタメプレイヤーの人たちを
もっとグローバルにつなげていきたい

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事