ここから本文です

履正社、悔しさ乗り越え“見たことない高み”へ 強力打線は歩み止めず「甲子園って楽しいぞ」【全国高校野球】

8/13(火) 10:56配信

ベースボールチャンネル

1番・桃谷惟吹がきょうも初回に“ゴング”鳴らす二塁打

<第8日 第1試合 2回戦 ○履正社 7―3 津田学園●>(13日、阪神甲子園球場)

 第101回全国高校野球選手権大会は13日に8日目を迎え、第1試合では履正社(大阪)が津田学園(三重)を下して3年ぶりとなる3回戦進出を決めた。

 履正社の打線が今日も序盤から快音を響かせた。初回、得点には繋がらなかったものの、初戦で先頭打者本塁打を放っている1番・桃谷惟吹(3年)が津田学園の先発・前佑囲斗(3年)から左中間へ二塁打を放ち、試合後に岡田龍生監督も「あれで勢いづいた。もう少しで本塁打かなと思ったが、本当に良く打ってくれた」と振り返っている。

 2回には2死から先発マウンドを任された清水大成(3年)が自らのバットで左前適時打を放ち先制。続く3回には6番・野口海音(3年)、8番・野上聖喜(3年)、そして桃谷と3本の適時打を集めて6-0と津田学園を突き離した。

 指揮官はこの攻撃力に「オーバースイングにならないように。強くバットを球にぶつけるということを決めてやってきた。練習通りの成果を出してくれた。きちんと捉えれば十分(外野手の)頭を越す」とコメント。前の初戦の投球を研究した上での攻略に納得の表情を浮かべた。

 今春の選抜大会では、速球が150キロを超えるプロ注目の奥川恭伸(3年)を擁する星稜(石川)を相手に初戦敗退。「奥川くんと対戦させていただいて、『トップレベルの選手はこうだ』と子どもたちが肌で感じて、それに対して子どもたちが取り組んでくれた成果」と成長を感じさせた。

 投げては先発の清水が3失点しながら9回143球を完投。指揮官が「点を取られるのは仕方ない」と語るように失点をしてもそれぞれイニング1失点ずつにとどめた粘り強い投球が光って勝利に結びつけた。

 次戦の相手は前日に神村学園(鹿児島)に勝利した高岡商(富山)だ。同校初となるベスト8へ向けて、「何とか一戦一戦『1試合ずつ勝っていくと甲子園って楽しいぞ』と話していた」と選手たちを鼓舞し、最後は優しい笑顔を見せた岡田監督。自慢の打線の破壊力で、これからも見たことのない高みへ向けて歩みを続けていく。


取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:9/3(火) 12:32
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事