ここから本文です

コスプレイヤー えなこの囲み撮影が神々しい「ギネス級の何か」「えなこりんぐ」と反響

8/13(火) 21:21配信

KAI-YOU.net

8月9日から12日にかけて開催された「コミックマーケット96」(C96)。厳しい日差しに見舞われる夏コミですが、コスプレイヤーのみなさんと出会った瞬間ばかりは、その過酷さを忘れることができるというもの。

【写真】これが「えなこりんぐ」

その中でもテレビ番組などでも活躍するえなこさんの囲み撮影の様子が、ネット上で「ギネス級のなにか」と話題になっています。遭遇することができたなら神々しさすら感じられそうです。

毎年話題、えなこさんの囲み撮影の神々しさ

コミックマーケットのコスプレイヤーたちの撮影は、通常撮影者が1列に並び、順番に撮影を行うのがマナーとなっています。

しかし、人気コスプレイヤーの場合、人が多すぎて時間がかかりすぎるため、360度全方位から撮影を行う「囲み撮影」という現象が起こります。

えなこさんは、この囲み撮影時の半径がえげつないと毎年話題にはなっていました。

しかし、今年はさらなる域へ達したこの光景に、撮影したカメコ(カメラマン)のだよねさんは「囲みという枠を超えて、もはやギネス記録に認定されるような別の何かな気さえする」とのこと。

「これはもうクレーター。人工衛星から映る」「カメコの統率が取れてすぎてすごい」「カメコのドーナツ化現象」「炎上芸ならぬ円状芸」「刃牙の親子喧嘩の時の人たち」「Photoshopでひと増やしてる?」「呂布?」「#えなこりんぐ と名付けよう」(えなこさんの愛称“えなこりん”にちなんで)などなど、ネットでも反響が後を絶ちません。

ちなみに、この状態だと300mm以上の望遠レンズが必要になるとのことです。

きのしたゆり

最終更新:8/13(火) 21:21
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事