ここから本文です

肉も魚も野菜も、科学の力でおいしくする低温調理器: FETISH IN MIRROR WORLD #8

8/13(火) 12:31配信

WIRED.jp

柔らかくてジューシーなミディアムレアのステーキ──。料理をたしなむ人であれば、それをつくるのがいかに難しいか、すぐに理解できるだろう。だが、そんな難易度の高い料理を誰でも実現可能にしてくれるのが、低温調理器だ。もちろん、魚や野菜もこの1台で理想の仕上がりになる。自慢の料理で、きっと誰かをもてなしたくなるはずだ。

この一台で料理のレヴェルが格段に上がることは間違いない。

表面はきれいに焼けているのに、中まで火が通っていなかった。しっかり火を入れようとして、パサパサになってしまった──。そんな失敗を繰り返す人は少なくないだろう。

肉料理の道は、なかなか険しい。いかにきれいな焼き目をつけながらジューシーに仕上げるか。そのひとつの解が、「低温調理」だ。低温調理とは、タンパク質を加熱処理するときに科学的に最も柔らかくなるとされる55~58℃の温度帯を意図的に狙った調理法のことである。

だが、考えてみてほしい。200℃以上に熱したフライパンやオーヴンの上で55~58℃で食材に火入れすることがどれほど難しいことかを。

日本初の低温調理器専門ブランドである「BONIQ」は、この55~58℃での調理を“絶対温度の火入れ”と呼び、0.5℃単位での温度設定機能によって端から端までミディアムレアといった調理を可能にしてくれる。

調理はいたって簡単だ。食材に下味を付けてフリーザーバッグに入れ、この低温調理器の時間と温度を設定して湯煎する。あとは時間がきたら、香ばしさが出る程度に表面に焼き目を入れるだけ。

これで、なかなか火が入らない厚みのあるステーキや、手間のかかるハーブチキンだって、お手のものだ。

もちろん、肉だけでなく魚や野菜、果物など、それぞれの食材に合わせた加熱温度に設定すれば、理想の火入れが実現する。この一台で料理のレヴェルが格段に上がることは間違いない。

最終更新:8/13(火) 12:31
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事