ここから本文です

痩せたいなら量より質 カロリー計算はダイエットには必要ナシ!

8/13(火) 23:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 自分が何カロリーを摂取しているのか知りたいと思うのは当然のことだ。
 様々なウエブサイトが、日頃のアクティビティのレベルや身長、年齢、性別などをもとに、それぞれ異なる数字を推奨している。今の体重を維持したいと思う女性なら、1日あたりの摂取量はだいたい2000カロリーと、NHS(イギリスの国民医療サービス)は勧めている。

【画像】30代から押さえておきたいダイエットTIPS30

しかし、脂肪を減らしたいなら、話はまったく別だ。多くの人が最初にやることは、カロリー計算アプリをダウンロードして、何カロリー食べるべきか探偵のような作業を始めること。しかし、現実的になろう。カロリー計算は面倒だし、1回分の分量を細かく計らなければ不正確になるのは言うまでもない。

トーストに塗ったアーモンドバターは本当に1回分だろうか? あるいはホームメイドのプロテインバーは、お店から買ったお気に入りのものと同じカロリーだろうか?

答えはノー。ということは、何カロリー摂取しているかを知るだけでは、“地雷原“にいるようなもの。それでも、体重を減らすとなると、カロリー計算を頼りにするのだ。

打ちのめされたような気持ちになっているのは、あなたひとりではない。そこで、痩せようと思ったら1日に実際には何を食べればいいかを、専門家に聞いてみた。

量ではなく質が大事

米国医師会が発行する医学雑誌「JAMA」に掲載されたアメリカの研究によると、カロリーは、体重減が成功するかどうかとは実は無関係。フォーカスすべきなのは、毎日食べている食べ物の質だという。

その研究からわかったことはシンプルだ。大幅に加工された食品や精製された穀類、添加された砂糖分などを減らして、野菜や自然食品を食べる量を増やす。そして、カロリーを計算したり、食べる量を制限したりしないということ。

低脂肪VSロカボ

この新しい研究は、ロカボやローファット(低脂肪)に厳しく従わなくていいとも提案している(実際、研究チームは、低脂肪ではなく好きなものを食べたほうがいいとしている)。もっとエクササイズする必要もない。

お皿には常に野菜や全粒穀物がいっぱいのっていて、それらの大部分がホームメイドであれば、1年間に最高13ポンド(約6キロ)体重が減ると同時に、ウエスト周りが数インチ小さくなり、体脂肪が落ちて、血糖値や血圧の値も改善することが期待できる。食べた分のカロリーを宗教のように辿って計算するのは過去のことなのだ。

1/2ページ

最終更新:8/13(火) 23:20
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年9月号
2019年7月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

ハーパーズ バザー・オンラインの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事