ここから本文です

【ネタバレあり】『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、「いい映画」という幻影を体現している:映画レヴュー

8/13(火) 12:31配信

WIRED.jp

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では、マーベル・シネマティック・ユニヴァース(MCU)のフェイズ3で起きた出来事が、ピーター・パーカーの人生と結び付けられていく。だが実際のところ、11年にわたって展開されたMCUの壮大なドラマから一定の距離を置き、ヒーローが登場するシンプルな娯楽作品という路線を追求している──。映画批評家のリチャード・ブロディによるレヴュー。

ある不都合な事実とは?

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では、マーベル・シネマティック・ユニヴァース(MCU)のフェイズ3で起きたさまざまな出来事が、ニューヨークのクイーンズに住むピーター・パーカーの人生と結び付けられていく。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ではサノスによる大虐殺が起きたが、『エンドゲーム』では犠牲者たちが復活した。『ファー・フロム・ホーム』はその後の物語で、スパイダーマンである高校生ピーターを演じるのはトム・ホランドだ。

MCUではシリーズの過去の出来事を新作に組み込んでいく必要があるが、これは脚本家にとっては大きな挑戦だろう。『ファー・フロム・ホーム』の製作チームは機知に富んだアイデアでこの難題を解決しようと試みたが、残念ながら映画全体の流れを見ると、どことなく浮いた感じになってしまったようだ。

「指パッチン」のあとに起きたこと

作品の冒頭、アイアンマンやブラック・ウィドウなどサノスとの戦いで命を落としたスーパーヒーローたちを追悼する内容の動画が、ピーターの学校で流される場面がある。動画は「指パッチン」の犠牲者を対象としたチャリティーイヴェントのために用意されたものだ。念のために書いておくと、『インフィニティ・ウォー』でサノスが指を鳴らすと、地球上の生命体の半分が瞬時に消え失せたのである。

ところが、5年という月日が経過した現在、指パッチンで消えたはずの人々は全員が生き返っている。冗談のような話なのだが、指パッチン組は消えたときとまったく同じ状態でこの世に戻ってきたらしい。歳もとっておらず、例えばピーターの同級生の少年は、生き返ったら指パッチンの難を逃れた弟が自分より年上になっていたと愚痴をこぼす(スティーヴン・ソダーバーグがマーベル作品をつくる機会を与えられたらどうなるか想像してみてほしい。彼ならこの指パッチン組の帰還をネタに、コメディとメロドラマと悲劇が混ざったようなとんでもない映画を撮るだろう)。

ここまではいいのだが、監督のジョン・ワッツと脚本を手がけたクリス・マッケーナおよびエリック・ソマーズのチームは、「指パッチンの謎解きはこれで終わり」とでも言うかのように、素早くストーリーを展開させる。物語はこのあと、ごくありきたりのスーパーヒーローのジレンマとドラマという方向に移っていくのだ。

1/3ページ

最終更新:8/13(火) 12:31
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事