ここから本文です

太陽光で進む宇宙船「ライトセイル2号」の画期的テクノロジー

8/13(火) 16:00配信

Forbes JAPAN

先月、カリフォルニア州に本拠を置くNPO「惑星協会(Planetary Society)」は、スペースXのロケットで打ち上げた宇宙船「ライトセイル2号」が、制御されたソーラーセイリング(太陽帆による推進)に史上初めて成功したと発表した。

700万ドルの費用をかけたライトセイル2号は、6月25日にスペースXのロケット「ファルコンヘビー」で打ち上げられた後、小型衛星「Prox-1」から放出され、高度720kmの軌道に乗った。ライトセイル2号は、小型人工衛星「CubeSat」にアルミメッキを施したマイラー製の太陽帆を内蔵させたものだ。惑星協会によると、ライトセイル2号は7月23日に太陽帆を展開することに成功したという。

その後、ライトセイル2号の平均高度は725.64kmから727.47kmに上昇した。惑星協会によると、これは宇宙船が太陽光の粒子を捉えて推進している証拠であり、人類史上数回しか成功していないことだという。

「我々にとっての成功基準は、太陽の光圧だけを使ってCubeSatの軌道を変えるという、人類史上初めての試みを達成することだった。これまでの道のりは長かったが、成功することができ、チームをとても誇りに思う」とライトセイルプログラムのマネジャーで、惑星協会のチーフサイエンティストであるBruce Bettsは声明の中で述べた。

ライトセイル2号は、最も地球から遠ざかる軌道の地点を2km上昇させたことで、太陽光の粒子を帆に受けて推進したことを証明してみせた。太陽帆の面積は32平方メートルで、1つの粒子が帆に当たるインパクトは手のひらにペーパークリップを乗せるほどしかないが、時間の経過とともに大きな推進力を生み出す。

惑星協会は、今回と同じミッションで2015年にライトセイル1号を打ち上げている。その時は、いくつかの問題を克服して太陽帆を展開するまでは成功したが、ソーラーセイリングには失敗している。

1/2ページ

最終更新:8/13(火) 16:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2019年10月号

株式会社アトミックスメディア

2019年10月号
8月24日(土)発売

980円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。記事の保存や閲覧履歴チェック、プレゼントへの応募も可能に。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事