ここから本文です

「トップチームにもカスティージャにも…」久保建英はどこで何をしていたのか? 謎の欠場理由が明らかに!

8/13(火) 6:13配信

SOCCER DIGEST Web

ジダン監督たっての希望により…

 現地時間8月10日、レアル・マドリーのカステージャ(Bチーム)は、2部のテネリフェとプレシーズンマッチを行ない、2-3で敗れた。

【動画】久保建英が鮮烈プレーを連発! 世界が目撃したアウディ・カップのパフォーマンスをひとまとめ!

 話題となったのは、その3日前のアルコルコン戦でカスティージャでのデビューを飾っていた久保建英とロドリゴが、招集されなかったことだ。再びトップチームから声が掛かり、11日に組まれていたローマ戦(2-2。PK戦4-5で敗北)のメンバー入りをしたのか? そんな憶測も飛び交ったが、翌日に発表されたイタリア遠征20人の中に、ふたりの名前はなかった。

 では、この18歳コンビはどこで何をしていたのか。12日付けのスペイン紙『AS』が明らかにしている。

 記事によると、ジネディーヌ・ジダン監督が、10日の午前中に行なわれたローマ戦に向けた最後の練習に、久保とロドリゴを参加させることにこだわったという。指揮官たっての希望でトップチームのトレーニングに加わったため、その日の夜に行なわれたカスティージャの試合ではメンバーから外れたというわけだ。

 スペインから遠く離れたカナリア諸島のテネリフェで行なわれたこの試合を、ふたりはテレビで観戦したという。
 
 AS紙によると、ジダン監督は、まだ若い久保とロドリゴについて、まずはカスティージャに留めて、練習はトップチームに参加させるのがベストだと考えているようだ。

 チームに残すという点については、カスティージャを率いるラウール・ゴンサレス監督の意見と一致している。『MARCA』紙によると、クラブのレジェンドもある指揮官は、カスティージャで過酷な2部B(実質3部)のサッカーを経験することが、成長の糧になると考えているという。

 だが一方で、クラブ内には、もはや久保とロドリゴがプレーする場として2部Bは相応しくない、という見方もあり、ジダンやラウールとともに“銀河系軍団”の一員だったロナウド氏がオーナーを務めるバジャドリーへレンタルして、1部で試合経験を積ませるプランも検討されている。

 カスティージャは13日、同じ2部Bのクルトゥラル・レオネサとテストマッチを行なう。久保とロドリゴはこの試合でピッチに立つだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:8/13(火) 6:13
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事