ここから本文です

【J1ベストイレブン】名古屋の救世主を堂々のMVPに!FC東京の“スピードスター”永井謙佑は今シーズン最多6回目|22節

8/13(火) 19:16配信

SOCCER DIGEST Web

名古屋・和泉竜司は11試合ぶりの勝利に大きく貢献

 J1リーグは、8月10日・11日に各地で22節の9試合が行なわれた。ここでは、今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介する。
 
 和泉竜司が名古屋を11試合ぶりの勝利に導く、最高のパフォーマンスを見せた。
 
 左サイドハーフで先発した和泉は、11分に先制点を挙げてチームを勢いづけると、その7分後にも思い切りの良い右足のシュートで2点目を決めた。献身的な守備でも存在感を発揮するなど攻守両面で輝き、10戦未勝利の名古屋の救世主となったこのMFを最高点の「7.5」で今節のMVPとした。
 
 さらに名古屋からは、最終ラインを牽引して無失点に貢献した中谷進之介と、持ち味の鋭いドリブルで果敢に仕掛け、チームの3点目を決めた前田直輝も選出している。
 
 首位を走るFC東京からは、永井謙佑と渡辺剛の2名をセレクト。前者は、全選手のなかで今シーズン最多となる6回目の選出。スピードを活かした裏に抜け出す動きは見事で、57分には重要なPKを獲得。後者は球際の強さで違いを見せ、再三にわたり仙台の攻撃をシャットアウトした。
 
 1-1の痛み分けとなったG大阪対広島の一戦からは、両チーム1名ずつ。豊富なスタミナで最後まで走り抜き、先制ゴールを決めたG大阪の倉田秋と、幾度となく決定機の起点となっていた広島の森島司を選んだ。

【毎節恒例】「突撃SDカメラマン」J1第22節&J2第27節を盛り上げたサポーター特集!

 また、磐田に逆転勝利した湘南からは、前線でハードワークをし続け、同点弾を奪った山﨑凌吾。2位に浮上した鹿島からは、強いフィジカルと高精度のパスが好印象だった三竿健斗をチョイス。
 
 そのほか、スーパーセーブを連発した鳥栖のGK高丘陽平と、安定した守備で相手に隙を与えなかった清水の吉本一謙を選出した。

【今節のベストイレブン】の採点&寸評

【今節のベストイレブン】
GK
18 高丘陽平(鳥栖) 7 ●初選出
スーパーセーブを連発したことが結果的に逆転勝利を呼んだ。C大阪の指揮官や選手も脱帽。
 
DF
4 吉本一謙(清水) 6.5 ●初選出
ボールに絡んで目立つシーンは少ないが、細かいラインコントロールやコーチングで相手に隙を与えなかった。
 
20 中谷進之介(名古屋) 7 ●初選出
この日も気持ちの入ったプレーで最終ラインを牽引。オーバーラップで2点目の起点になるなど攻撃面でも貢献し、試合終盤にはゴールライン上でのスーパークリアもあった。
 
32 渡辺 剛(FC東京) 6.5 ●2回目
13分に仙台のハモン・ロペスのシュートをブロックすると、その3分後にもヘッドで競り勝つ。フィジカル能力の高さを見せつけた。
 
MF
20 三竿健斗(鹿島) 6.5 ●2回目
プレッシャーを受けた時でもフィジカルの強さを活かして局面を打開する。さらには精度の高いパスで決勝点の起点に。
 
10 倉田 秋(G大阪) 7 ●2回目
豊富なスタミナを90分通して切らさず、89分にはこぼれ球を見逃さずに詰めて先制点をゲット。随所に見せた最終ラインの裏への抜け出しも良い動きだった。
THIS WEEK MVP
29 和泉竜司(名古屋) 7.5 ●2回目
11分にはCKの流れから吉田豊のシュートを頭でコースを変えて先制ゴールをゲット! 17分には冷静に川崎のDFを外して2点目をマーク。前半に一度、相手のパスにスライディングで届かないシーンがあったが、守備でもよく走り、10戦未勝利のチームを奮い立たせた。
 
14 森島 司(広島) 7 ●3回目
独特なタッチでG大阪DFを翻弄し、敵の守備ブロックを崩しにかかった。試合終了間際には絶妙なクロスでレアンドロ・ペレイラのゴールをアシスト。最もチャンスの匂いを感じさせたのは、この男を経由した攻撃だった。
 
25 前田直輝(名古屋) 7 ●2回目
切れ味鋭いドリブルで攻撃をよく引っ張った。そして64分には吉田のクロスから落ち着いてチーム3点目を奪取。貴重な働きをこなした。
 
FW
11 永井謙佑(FC東京) 7 ●6回目
敵の裏に抜け出すプレーはいくつもあり、57分には仙台のシマオ・マテとの競り合いからPKを獲得。試合を動かす重要なアクションだった。
 
11 山﨑凌吾(湘南) 6.5 ●初選出
46分の同点ゴールで仲間を奮い立たせた。スペースに走り込みパスを引き出してのポストプレー、裏に抜ける動き、磐田GKやDFへのプレスを最後まで怠らず、逆転勝利へとチームを牽引した。
 


※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
●は今シーズンのベストイレブン選出回数。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:8/14(水) 13:02
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事